PNK LIFE

アクセスカウンタ

zoom RSS スタートで決まった日本GP、そしてメルセデス3連覇達成

<<   作成日時 : 2016/10/09 19:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

F1日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われました。
今回は前回マレーシアGPに続きコンストラクターズチャンピオン決定の可能性があります。マレーシア終了時点でチャンピオンの可能性を残しているのは、
 553ポイント:メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
 359ポイント:レッドブル・レーシング
の2チーム。今回決まるとすればメルセデスAMGですが、その条件は
 メルセデスに対しレッドブルが22.5ポイント以上多くポイントを取れない
事。これをレッドブルの結果に関係なく達成するには
 @メルセデスが21ポイント獲得する
 Aメルセデスのドライバーどちらかが2位以上獲得する
 B雨や事故などによりハーフポイントレースとなる
の3つ。Aは昨日森脇さん(だったと思うのですが)の発言聞いて計算して気が付いたものですが、今レースで決まる可能性は高いでしょう。しかし特にこの世界は何が起こるかわかりませんからね。
レースはドライバーズチャンピオン争いのトップ2に焦点を当てるとスタートで決まってしまいました。ロズベルグがいいスタート切ったのに対しハミルトンは出遅れ大きく順位を下げてしまいました。結局そのままニコがトップでチェッカーを受け今季9勝目をポールトゥフィニッシュで決めました。ハミルトンはその後順位を戻し3位でフィニッシュ、2位にはフェルスタッペンが入りました。チャンピオンシップ3位のリカルドは6位に終わりました。なお、今回は22台全車完走しました。
しかし理由はともかくハミルトンは本当にもったいなかった。予選では敗れたとはいえニコの僅差の2位だった。スタートさえ普通に切れていたらチャンピオン争いが白熱するものになったかもしれない。ポイント差は後程書きますが、1レースではひっくり返されないさになったことは大きい。これで2010年以来となる新チャンピオン誕生の可能性が高まったといえるでしょう。
一応地元なのでマクラーレン・ホンダについても書きます。今回は実に残念な結果に終わりました。それでも去年よりはましなんですが…前回で300戦を達成したバトンはPU交換によるグリッドダウンペナルティを受けましたが、ペナルティなくても大して変わらなかったでしょうね。
チャンピオンシップですが、メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チームの3連覇が決定しました。一方、ドライバーズは以下の通りとなります。
313:ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)
280:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
となり、リカルドがチャンピオン争いから脱落、完全に2人のマッチレースになりました。しかしその差は33ポイント。状況はニコ有利といえます。しかも夏休み以後は完全にニコの流れ。ルイスがこれをひっくり返すのは大変です。でも何が起こるかわかりませんからね。
一応コンストラクターズ2位争いを書くと
385:レッドブル・レーシング
335:スクーデリア・フェラーリ
の2チームに可能性があります。(3位の可能性もこの2チームのみに残されてます)
次戦はアメリカGP。決着は付きませんが、チャンピオンシップにとって大切な一戦になるでしょう。楽しみなのですが、早朝(日本時間)開催は見てるほうはきついです。これが2戦続くんですよね。そのあとはさらにきつい深夜(日本時間)開催だし…まあ愚痴なんですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
PNKwithoutIをフォローしましょう
スタートで決まった日本GP、そしてメルセデス3連覇達成 PNK LIFE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる