PNK LIFE

アクセスカウンタ

zoom RSS セブよ何やってるんだ

<<   作成日時 : 2017/07/01 12:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

F1アゼルバイジャンGPが行われました。
去年はヨーロッパGPとして行われましたが、ル・マンと重なってよく見ていませんでした。見だしたのはル・マンが終わってからでした。しかし去年のル・マンはあの劇的すぎる展開でしたから、頭に残るレースじゃなくなってしまいました。
今年はル・マンと重なることもなく私も最初から見てましたが、どうなんでしょうかね、バクーの市街地でレースをする、というのは。個人的にはもうちょっと考えた方がいいような気がします。これはイエローやSC、そして赤旗が出たことによる印象のせいかもしれませんが…
今回のレースは諦めなければ、という思いをさせられたレースでしたね。その原因を作ったのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とメルセデス。ヘッドレストが外れ、押さえながら走ってピットに向かう羽目に陥らなければ、ハミルトン(メルセデス)が順当に勝っていたでしょう。
今レース最大の出来事であるセブによるルイスへのヒット。ルイスが減速したのはどうやら事実のようです。でもそれがアクセルを緩めたからなのかブレーキを踏んだからなのかは私にはわかりません。セブの言う通りブレーキテストをしたのであれば問題でしょうが、わからない以上ここではこれについて断ずることはできません。しかしそのあとセブが横からルイスにヒットしたのは問題です。セブはあそこでああいった形で怒りを示すのではなく、手をあげるなりの行動であそこではとどめ、マシンを降りた後、抗議に向かうべきでした。感情をコントロールできなかったのでしょうが、極めて残念な出来事でした。
2強が優勝戦線から脱落したことで今回の表彰台にはリカルド(レッドブル)、ボッタス(メルセデス)、ストロール(ウィリアムズ)という新鮮さを感じさせるメンバーが登りました。特に今年デビューのストロールは2度目の入賞、初めての表彰台でした。リカルドのあれをやらされたのもいい思い出に…なるのかな?でも、こういったことが起きうるからあきらめちゃいけないんですよね。

昨日、長年マクラーレングループを率いてきたロン・デニス氏とマクラーレンの関係が完全に切れたそうです。氏が所有していたマクラーレンの全株式を手放すことになったからですが、マクラーレンにとっての歴史の一つが終わった、ってところですね。近年は色々ありましたが、氏は間違いなくマクラーレンを王者に導きました。ブルースの死、プロジェクト4との合併(デニスの加入)からメイヤーの離脱と並ぶマクラーレンにおける大きな出来事が終わったわけです。この先両者がいい方向に向かうことを願ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
PNKwithoutIをフォローしましょう
セブよ何やってるんだ PNK LIFE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる