アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「F1」のブログ記事

みんなの「F1」ブログ

タイトル 日 時
ハミルトン4度目のチャンピオン決定
F1メキシコGPが行われました。 残り3レースで9ポイント獲得すればハミルトンのワールドチャンピオン決定という状況で行われました。つまり、今回、5位以上であればハミルトンの戴冠が決まります。なお、ハーフポイントとなった場合は結果に関係なくその時点でハミルトンのチャンピオン決定です。 わかりやすく書くと、今回のレースでハミルトンがチャンピオンになるための条件は、 @ハミルトンが5位以上の場合 Aベッテルが3位以下の場合 Bハミルトンが6〜9位でベッテルが優勝できなかった場合 Cレースが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 11:52
メルセデス4連覇達成、そしてハミルトン4度目の戴冠へ王手
F1アメリカGPが先週行われました。 結果の前に、チャンピオン決定の可能性があるので、その条件を書きます。 【ドライバーズ】 ハミルトンがベッテルに対し16ポイント以上、ボッタスに対し3ポイント以上獲得する 【コンストラクターズ】 フェラーリがメルセデスAMGに対し16ポイントより多く獲得しない ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 21:04
ハミルトン鈴鹿で初のポール・トゥ・ウィンで王座に大きく前進
F1日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキット国際レーシングコースで行われました。 結果はルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が優勝、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がリタイアと、チャンピオンシップを争う2人は全く対照的な結果となりました。 まずルイス。予選から速かったですね。Q2でミハエル・シューマッハが持つコースレコードを更新、Q3ではさらに2度タイムを更新し鈴鹿で初めてポールポジションを取りました。そして決勝では全く不安のない走りを見せました。少なくともそう見えました。でも実はパワー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/08 19:39
フェルスタッペンが1日遅れでバースデーウィン飾り鈴鹿へ
昨日シンガポールの記事上げたばかりですが、マレーシアGPが今日行われました。 結果はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が通算2勝目を飾り、1日遅れで自らにバースデープレゼントを贈りました。 いろいろ言われるところがあるマックスですが、力のあるドライバーであることには違いありません。近い将来戴冠するかもしれませんね。セブの持ってる最年少記録更新もあり得るでしょう。優勝はすでに更新してるのですが、ポールはまだ更新可能なので、狙ってほしいですね。 そのセブは4位。トラブルで予選ノータイムだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/01 18:33
フェラーリにとって最悪のレースとマクラーレン・ホンダの終焉
F1シンガポールGPが先々週行われました。結果はハミルトン優勝、ベッテルリタイアというハミルトンにとっては最高の、セブにとっては最悪のものとなりました。 レースは1周目、というよりスタート直後の1コーナーで決まってしまいましたね。キミ、セブ、マックスが接触し、フェルナンドが巻き込まれ、全車リタイアとなったからです。このアクシデントはレーシングアクシデントとして処分は下されませんでしたが、フェラーリにとっては、処分有り無し関係なく、最悪のレースだったといえます。一番あってはならない結果でした。こ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 13:49
ハミルトンの新記録とHalo導入について
F1も後半戦が始まり、ヨーロッパラウンドが終わりました。 この後半戦の開幕2戦、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が連続ポール・トゥ・ウィンを飾りました。これで今シーズンのポイントでベッテル(フェラーリ)を逆転してトップに立ったのですが、それ以上にミハエル・シューマッハの持つ偉大な記録の一つを塗り替えたのが大きいです。イタリアGPでポールポジション獲得回数が69となり、ミハエルの68を上回ったのです。個人的な思いを言うと、ポール記録はアイルトン・セナが持ち続けてほしかった。しかし、それを言うと古... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/16 13:17
ホンダの現状と将来、ポルシェのLMP1撤退について
今日2つ目の記事はF1について。前回の記事以降、オーストリア、イギリス、ハンガリーと3戦しました。結果はほかの記事を見ていただくとして、ここではホンダ関連について書こうと思います。 成績見ればわかりますが、今期のマクラーレン・ホンダは実にひどい成績です。マクラーレンとしては、ここまでひどいシーズンは初めてか、久しぶりではないでしょうか。少なくともロン・デニス氏がかかわってからはなかったと思います。そうした中でハンガリーではダブル入賞を果たしたこと、アロンソがファステストラップをマークしたことは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/15 19:36
セブよ何やってるんだ
F1アゼルバイジャンGPが行われました。 去年はヨーロッパGPとして行われましたが、ル・マンと重なってよく見ていませんでした。見だしたのはル・マンが終わってからでした。しかし去年のル・マンはあの劇的すぎる展開でしたから、頭に残るレースじゃなくなってしまいました。 今年はル・マンと重なることもなく私も最初から見てましたが、どうなんでしょうかね、バクーの市街地でレースをする、というのは。個人的にはもうちょっと考えた方がいいような気がします。これはイエローやSC、そして赤旗が出たことによる印象のせ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 12:54
今年も過酷だったル・マン(F1カナダGP付き)
F1サーカスは現在バクーにいますが、モンテカルロのあと、モントリオールに行きました。地元の英雄ジルの名を冠したコースでカナダGPが行われたのですが、レースが未明から早朝(日本時間)にかけて行われたこともあり、詳しくは見ていません。なので感想とか書ける状態ではありません。しかし、ハミルトン(メルセデス)が今回ポールを取り、アイルトンの偉大な記録に並びました。現在歴代2位の記録ですが、並ばれるドライバーがまた現れるとは思いませんでした。ルイスはアイルトンのヘルメットを贈られて喜んだそうですが、改めて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/24 16:20
佐藤琢磨が夢をかなえた(F1直近2戦感想含む)
まずはじめに、時間は経っていますが、交通事故で亡くなられた元MotoGPチャンピオン、ニッキー・ヘイデン選手に対し、心から哀悼の意を表します。私は2輪はほとんど見ないのですが、同じモータースポーツのファンとして、今回の事故は心が痛います。このような形で偉大な才能を失うのは残念でなりません。どうか安らかにお眠りください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/03 13:42
バルテリ・ボッタス念願の初優勝
昨日はCOMIC1☆11に一般参加しました。歩き疲れて脚も腹筋も軽く痛いです。 その帰りの新幹線車内からもツイートしたのですが、今日は3度ワールドチャンピオンに輝いたアイルトン・セナの命日にあたります。あの週末はまさに悪夢で、バリチェロの重傷を皮切りにローランド・ラッツェンバーガーの死、セナの死、その他複数の方がF1サンマリノGPで負傷されました。あれから23年、根拠のない安全神話は復活することはありませんでした。この安全に対する意識の継続こそローランド、アイルトンの遺産だと個人的には思います... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 13:00
アロンソのインディ参戦に対して
F1も3戦が終わりました。 ここまでベッテル2勝、ハミルトン1勝(しかも2位はベッテル1回、ハミルトン2回)と、メルセデスとフェラーリ(というかハミルトンとベッテル)がチャンピオンシップを引っ張っっています。どう感じるかは人それぞれでしょうが、少なくともF1は去年よりいい方向に向かってると思います。 その中で苦戦を強いられているマクラーレン・ホンダ。3年前、ホンダ復帰が決まった時、1年目はだめだと思ってました。2年目以降が勝負だと。現実にはトークンのこともあり2年目も苦しんだわけですが、まさ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/22 15:57
ベッテルが2017年の開幕戦を制す
今年もF1世界選手権が始まりました。 今年は大きくレギュレーションが変わり、かなりスピードが上がるようです。個人的な考えを言うと、スピードを落とすというこれまでの方針は間違ってない。ただ、スピードを殺しすぎました。GP2より遅いという話が出たほどです。なので、スピードアップは逆行するものですが、適正な速度に戻したと考えた方がいいでしょう。オーバーテイクの減少も言われていますがこちらも問題ない。私が見たいのはオーバーテイクショーではなく激しいバトルなのです。結果追い抜きが減っても見ごたえのあるバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 19:13
ニコ・ロズベルグ念願の戴冠!そして…
まずはじめに、先日起きた航空機事故で亡くなられたすべての方に対し、哀悼の意を表します。また、生存された方々、及び搭乗者のご家族、関係者の皆様、シャペコエンセのファンに対し心からお見舞い申し上げます。非常に悲しい出来事です。こんな出来事はこれが最後であってほしい。心からそう思います。 私がこの事故を聞いて連想したのはやはりミュンヘンの悲劇です。あの悲劇からマンチェスター・ユナイテッドは10年の時を経て欧州王者に輝きました。シャペコエンセにもどうか立ち直ってほしい。いくら時間がかかってもいいから。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/03 13:24
雨で改めて明らかになったマックスの才能とピレリの酷さ
F1ブラジルGPが行われました。 レース前のチャンピオンシップの状況は 349…ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)9勝・2位3回・3位2回 330…ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)8勝・2位3回・3位4回 で、このレースでチャンピオンを決めるには、ニコがルイスに対し7ポイント(ニコが2位以上なら6ポイント)以上獲得する必要があります。(前回の記事で誤ったことを書きましたが、再計算した結果、こちらが正しいです。訂正するとともにお詫び申し上げます) レースは雨が降る中、セーフティー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/18 23:31
腑に落ちないメキシコGPでのペナルティ
F1が北米・中南米ラウンドに入りました。私たち日本のファンにとっては深夜に決勝が行われるため、生で見るのには非常につらいです。今回はそのうち連戦で行われたアメリカGPとメキシコGPについて書きます。 と冒頭にほざいたのですが、アメリカGPは全く見ていません。いろいろな記事からある程度情報を知ってる程度です。なのでほとんど語ることはできません。ここで言いたいことは2つ。まずはルイスが休み明けでようやく勝てたこと。彼にとっては良かったと思います。ただ、その間にニコが勝利を重ねてますからきついですね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 12:27
スタートで決まった日本GP、そしてメルセデス3連覇達成
F1日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われました。 今回は前回マレーシアGPに続きコンストラクターズチャンピオン決定の可能性があります。マレーシア終了時点でチャンピオンの可能性を残しているのは、  553ポイント:メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム  359ポイント:レッドブル・レーシング の2チーム。今回決まるとすればメルセデスAMGですが、その条件は  メルセデスに対しレッドブルが22.5ポイント以上多くポイントを取れない 事。これをレッドブルの結果に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/09 19:22
メルセデス3連覇に王手をかけて鈴鹿へ
F1はヨーロッパラウンドが終わり、アジア3連戦が始まりました。 まずシンガポールGPですが、スタートの混乱はあったもののポールスタートのロズベルグが優勝、調子がいまいちだったハミルトンが3位でリカルドが2位と、トップ3がスタートと同じ順位でした。内容については2週前になるのであまりよく覚えてないです。検証する時間もないのでほかの順位とともに今回は割愛します。 この時点でチャンピオンシップポイントは 【ドライバーズ】 273:ロズベルグ(メルセデスAMG) 265:ハミルトン(メルセデス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/04 21:29
ヨーロッパラウンド最終2戦とマッサ、バトンの去就について
F1も夏休みが終わり2戦行われました。休み明けの連戦はヨーロッパラウンドの終わりを告げる連戦でした。 まずベルギーGP。ロズベルグ(メルセデスAMG)の勝利に終わりましたが、これは予選前にほぼ決まったようなものでした。ハミルトン(メルセデスAMG)がパワーユニット交換のペナルティで大幅なグリッド降格が決まっていたから。そういう中でも結果を出したのはさすがというべきですね。一方のハミルトンにとっては思わぬ好成績を残しました。3位。これは自身も想定してなかったでしょう。こういうことがあるから捨てち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 12:43
迷走するF1、まずはスポーツの基本に帰ろう
私が他事に時間を取られて記事を書いていない間に、F1は4戦をし夏休みに入りました。結果はハミルトンがこの4戦すべて勝ち、ロズベルグからポイントリーダーの座を奪い取りました。 まずオーストリアGPではファイナルラップでこの2人がぶつかりニコがトップから4位に落ちました。この件がどちらに責任があるのかは私は論じませんが、チームからしたらたまったもんじゃない。今後こういった事が起きた場合チームがドライバーにペナルティを科すとしたそうですが、当然でしょう。 イギリスGPではニコにギアボックストラブル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/06 20:20
モータースポーツ史上に残るレースだった今年のル・マン(F1の2戦感想付)
F1はカナダ、バクー(ヨーロッパGP)の連戦がありました。ただ、私はどちらもあまり見ていません。カナダは未明からのレース、バクーはル・マンと重なったからです。未明からのレースは見る方はきついです。アスリートファーストの考えから言えば仕方ないどころか当然なんですが…バクーは初めてのコースなのでしっかり見たかったんですが、ル・マンのほうが今回は大きかった。ということで簡単に所感を書こうと思います。 カナダGPは、ルイスが今季の不運を完全に振り切ったんじゃないか、と思わせました。その一方でニコは思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/25 10:29
様々な不運を乗り越えついにハミルトンが来た
F1モナコGPが行われました。 結果はルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が去年チャンピオンを決めて以来となる勝利を飾りました。8年ぶりのモナコ勝利(2勝目)です。 ルイスはQ3でトラブルに見舞われ今回もか、と思われたのですが、最後にタイムを出し3番手に食い込んだのが大きかった。これが勝利を呼び込んだのかもしれません。去年勝利を失ってるだけに嬉しさも一際だったでしょう。また、これでルイスに今季付きまとっていたツキのなさがなくなるかな。 ポールシッターのリカルド(レッドブル)はピットイン時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/02 12:22
マックス・フェルスタッペン史上初の10代ウィナーに
F1スペインGPが行われました。 まずはロシアからの動きを書くと、レッドブルのダニール・クビアトとトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンが交換の形で移籍しました。これはフェルスタッペンの昇格、クビアトの降格を意味します。しかしこれが今回のレースの序章になるとはだれも想像しなかったことでしょう。というか想像するのは無理です。 レースは、ポールスタートのハミルトンと2番手スタートのロズベルグのメルセデスAMG勢が先頭争いをします。1コーナーでニコがトップに立ちますが3コーナーを抜けた後ルイスが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 05:09
クビアトは魚雷から卒業しなさい(ロシアGP感想)
ちょっと遅れましたが、F1ロシアGPが行われました。 今回はGW中ということもあり、早めに記事を上げることができるかな、と思ったのですが、ロシアGPと同じ日に開催されたCOMIC1☆10参加疲れがなかなか取れなくてここまで伸びてしまいました。本当に歳はとりたくないものです。 結果はニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)の開幕4連勝、昨年から数えると7連勝となりました。今年はニコに思いっきり順風が吹いているようで、今回もルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)がQ3をマシントラブルで走れなくなると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/05 09:49
Q1で決まった感じのある中国GP
まずはこの度起きた熊本地震で被災された皆様、関係者の皆様に対し、お見舞い申し上げます。 私は何かできるような人間ではないのですが、これ以上被害が大きくならないよう、祈ってます。 また、スポーツの試合などがいくつか中止になってます。会場と客の安全を考えると、残念とはいえ、やむを得ないことだと思います。ただ、安全が確保できるようなら、元気づける意味で実施してもらいたいな、と思います。東日本の時、ドバイでヴィクトワールピサとトランセンドの1-2で元気づけられた人もいると思います。また、阪神・淡路の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/17 19:12
いい加減予選方式での迷走はやめてほしい(F1バーレーンGPを終えて)
F1バーレーンGPが終わって1週間が経とうとしています。 決勝は体力が持たず寝てしまいフジテレビNEXTの中継を見てないので論評できないのですが、予選は見てました。いろいろ言われてる予選ということもありますので、それを中心に今回書こうと思います。 まず予選について話す前に、オーストラリアGPで大クラッシュしたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)について一言。今回はドクターストップがかかりました。あのクラッシュ見たらこうなるのは当然でしょう。むしろ良く生きてたと思うものでしたから。中国ではど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/09 20:09
ニコが制した開幕戦オーストラリアGP
今年もF1世界選手権が始まりました。 今年の日本でのテレビ中継は基本的にCSのフジテレビNEXTのみとなりました。地上波もBSもなしです。これについていろいろ言われる方もいるでしょう。しかし私はフジテレビを称えたい。よく放映にこぎつけてくれた、と。一時はどうなるかと思いました。本当は地上波でもやりたいでしょう。F1を見る入り口になりますから。そういう意味で私は地上波を重視してました。たとえタレントが番組を進行したとしても。BSも含めてそういった入り口がなくなってF1からファンが離れることが予想... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/20 20:12
ニコの3連続ポール・トゥ・フィニッシュで締めくくったアブダビGP
F1アブダビGPが行われました。結果はニコ・ロズベルグ(メルセデス)が今季6勝目を6連続ポールからの3連勝をで飾りました。2位にはチャンピオンハミルトン(メルセデス)が入り、4連続今季12度目となるメルセデス1-2フィニッシュとなりました。3、4位にはライコネン、ベッテルのフェラーリ勢が入り、以下、ペレス(フォース・インディア)、リカルド(レッドブル)、ヒュルケンベルク(フォース・インディア)、マッサ(ウィリアムズ)、グロージャン(ロータス)、クビアト(レッドブル)の順でした。 ニコはここ最近... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 12:19
今更ながらロズベルグが連勝、そしてある意味主役だったマクラーレン・ホンダ
F1ブラジルGPが行われ、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が優勝、チャンピオンシップ2位を確定させました。去年に続き2年連続のチャンピオンシップ2位ですが、チャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)との差は開いた感じがしますね。去年は、あの悪名高い最終戦ダブルポイントがなくても、一応最終戦までチャンピオンが決まりませんでした。今年はアメリカで決まってしまいましたからね。ここ2戦の素晴らしい結果を見ると、勝つのが遅すぎるよ、と思わざるを得ません。ニコの最大の敵は間違いなく自分自身です。相手の動向... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/21 10:31
遅すぎたニコの勝利そしてブラジルでの年間順位決定条件
久々に行われたF1メキシコGPはニコ・ロズベルグ(メルセデス)の勝利で幕を閉じました。それもP1以外の全セッショントップ、ファステストラップという完勝ぶりでした。はっきり言えばこの結果を出すのが遅すぎました。チャンピオンシップはすでに決着がついていますから。ニコは現時点では最も新チャンピオンに近い位置にいるのですが、今のままだとチャンピオン候補のまま終わってしまう。F1を盛り上げるためにも頑張ってほしいところです。 チャンピオンシップポイントですが、ドライバーズ2位争い、4位争い及びコンストラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 11:14
ハミルトン連覇で3度目のタイトル獲得
メキシコGP開催中ですが、アメリカGPの記事を。 F1アメリカGPが行われました。今回は前戦のコンストラクターズチャンピオンに続きドライバーズチャンピオンが決着しました。一応決定条件を書くと、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG、302ポイント、9勝)がこのレースで @ポイント2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ、236ポイント、3勝)に対し9ポイント多く獲得 Aポイント3位のニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG、229ポイント、3勝)に対し2ポイント多く獲得 の両方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 17:10
いろいろありましたがメルセデスAMGが連覇達成
F1ロシアGPが行われました。 今回はコンストラクターズチャンピオン決定の可能性がありました。条件はポイントリーダーのメルセデスAMGが2位のフェラーリよりこのレースで3ポイント多く獲得すること。数字を挙げると、 ・メルセデス:506(日本GPまで)+3(ロシアでフェラーリより多く獲得)=509 ・フェラーリ:337(日本GPまで)+172(ロシア後全1-2フィニッシュした場合)=509 となり、ポイントで並びますが、優勝回数が ・メルセデス:11勝 ・フェラーリ:3勝+4勝(ロシア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/17 12:58
ハミルトンの歓喜とアロンソの叫び、元最年少王者の明暗分かれた日本GP
F1第14戦、日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿国際レーシングコースで行われました。 去年はジュール・ビアンキの悲劇があり、非常に悲しい週末になりました。今年は予選Q3終了間際にクビアト(レッドブル)のマシン大破というクラッシュがありましたが、ドライバーは無事で本当によかったです。去年のようなことは二度とごめんですから。 レースはスタートで決まった感じでしたね。2番手スタートのハミルトン(メルセデス)がポールスタートのロズベルグ(メルセデス)をスタート直後の競り合いの末オーバーテイク、ニコは4番手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/03 13:09
SC導入に考えさせられたシンガポールGP
F1第13戦シンガポールGPが行われました。 メルセデスの大不振で今シーズンとしては見たことない結果になりましたが、ここでは2度のセーフティーカー導入について書こうと思います。 今回2度セーフティーカーが導入されましたが、2度とも考えさせられる導入でした。1度目はピットアウトしたマッサ(ウィリアムズ)とヒュルケンベルク(フォース・インディア)の接触事故がきっかけでした。まずバーチャルセーフティーカーが導入されたのですが、3周後にセーフティーカーを入れる羽目に。どういう理由かはわかりませんが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/21 13:02
ベルギーGP、イタリアGPを振り返って
F1記事も久々になりますが、スパとモンツァのレース記事を簡単に書こうと思います。 まずスパのベルギーGP。ベッテル(フェラーリ)の右リアタイヤがバーストしました。P2ではロズベルグ(メルセデス)のタイヤが同じようにバーストしましたが、これは非常に重大な問題だと思いますね。ベッテルによると何の前兆もなくいきなり破裂したとか。とすれば構造に重大な欠陥があるとしか思えない。ピレリの話を聞くにしても、ちょっとコースが外れたぐらいでできたタイヤの傷でバーストしてもらってはレースにならないですよ。また、同... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/12 12:01
ニコは勝つためにレースをやったのか
あまり時間かけたくない事情があるので簡単にハンガリーGPの感想を。 スタートでほぼ決まりましたね。キミは本当にハードラックだと思います。少なくとも今回は。それにしてもここ2戦、メルセデスのスタートはどうなんでしょうか。チャンピオンシップ面では面白くなるのですが…ルイスは今季ワーストと言っていいレースでしたね。でも最悪の結果じゃない。実質彼が受けたダメージってあるのかな。チャンピオンシップ考えたらたぶんないと思う。でも、この後セブが爆発的活躍したらわからないけど。 で、ニコなんだが、彼は今何が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/01 11:42
ジュール・ビアンキの訃報に接し
通常であれば、レース後にレース記事と共に書くのですが、事の重大さ、および最近の記事のアップ状況から、単独でこの記事を書きます。 去年のF1日本GPで重傷を負い、その後フランスで治療を受けていたジュール・ビアンキが亡くなられました。25歳でした。 あの事故以降、あまりいい情報は入ってなかったのですが、このような結果になって極めて残念だし、非常に悲しいです。GPウィーク中の事故でドライバーが無くなるのは1994年5月1日、サンマリノGPにおけるアイルトン・セナ以来、レースで語れば20年ぶり、亡く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/18 18:45
大相撲7月場所が始まりました
大相撲7月場所が始まりました。 今場所の注目はやはり新大関照ノ富士でしょう。正直言って先場所優勝したとはいえもう1場所見ても良かったのでは、と思っているので、この見方がどうか、よいう意味でも注目してます。間違ってた、と思わせる活躍見せてくれればそれはそれでうれしいものです。というかそうであってほしい。豪栄道のようにそれ見たことか、という成績は勘弁願いたい。 優勝争いは白鵬が一番近いでしょう。照ノ富士は新大関でちょっと厳しいかな。今場所も優勝したら双葉山や照國のように大関2場所通過が見えてきま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/12 20:47
ニコにとっての今季ベストレース(現時点で)
F1オーストリアGPが行われました。もうこういったタイミングでしか記事が書けそうにないので書こうかどうか考える、ということを前回書きましたが、とりあえず今回は書く内容があるので書きます。 今回のレースは勝ったニコ・ロズベルグ(メルセデス)にとっては現時点で今年のベストレースでしょうね。スタートでトップに立ってそのまま行くという理想的な展開でした。終盤タイヤがきつかったみたいでしたが、それ以外特に問題はなかった。これで調子に乗ってくれれば今シーズンが面白くなるのですが…さてどうなるか。2位のルイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/27 13:38
マクラーレン・ホンダよちったあましなマシン用意しろ
F1第7戦、FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2015が英雄ジルの名を冠するモントリオールのCIRCUIT GILLES VILLENEUVEで行われました。 結果はハミルトン、ロズベルグのメルセデス勢1-2という毎度おなじみのパターンでしたが、3位にボッタス(ウィリアムズ)が入ったところがこれまでと違うところでしょうか。以下、ライコネン、ベッテルのフェラーリ勢、マッサ(ウィリアムズ)、マルドナード(ロータス)、ヒュルケンベルク(フォース・インディア)、クビアト(レ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 12:21
一つのアクシデントがモナコマイスターと幻の勝者を生んだ
F1第6戦、FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2015がモンテカルロで行われました。 結果を書くと、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が今季2勝目を挙げ、史上4人目となるモナコ3連覇を飾りました(過去3人はグラハム・ヒル、アラン・プロスト、アイルトン・セナ)。2位はベッテル(フェラーリ)、3位はハミルトン(メルセデス)と今季毎度おなじみの表彰台メンバーとなりました。以下、クビアト、リカルドのレッドブル勢、ライコネン(フェラーリ)、ペレス(フォース・インディア)、バトン(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/30 10:21
今までと少し異なる結果のスペインGP
F1第5戦FORMULA 1 GRAN PREMIO DE ESPAÑA PIRELLI 2015が行われました。ってもうすぐ1週間になるのですが。 結果を書くと、ロズベルグ(メルセデス)が今季初勝利をポール・トゥ・フィニッシュで飾り、2位がポイントリーダーのハミルトン(メルセデス)、3位がベッテル(フェラーリ)という毎度おなじみの表彰台メンバーになりました。というか、今季はバーレーンでベッテルじゃなくライコネン(フェラーリ)が立ったのを除くと表彰台メンバーはこの3人なんですよね。4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/16 10:16
F1バーレーンGPが行われました
FIA Formula1 World Championship 第4戦 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIXが行われました。 結果はルイス・ハミルトン(メルセデス)が4戦連続のポールから今季3勝目をあげました。2位にはライコネン(フェラーリ)が、3位にはロズベルグ(メルセデス)が入り、以下、ボッタス(ウィリアムズ)、ベッテル(フェラーリ)、リカルド(レッドブル)、グロージャン(ロータス)、ペレス(フォース・インディア)、クビアト(レッドブル)、マッサ(ウィリアムズ)の順でした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 07:16
このままじゃニコは絶対勝てない
ちょっとタイミング逃した感じですが、ようやく時間ができたので。2015 Formula1 Chinese GPが上海で先週行われました。まあ結果はハミルトンがポール・トゥ・フィニッシュで今季2勝目を挙げ、ロズベルグが2位と、メルセデス勢の今季2度目の1-2フィニッシュで、3位にはベッテル(フェラーリ)と、3戦連続でこの3人の表彰台となりました。以下、ライコネン(フェラーリ)、マッサ、ボッタスのウィリアムズ勢、グロージャン(ロータス)、ナスル(ザウバー)、リカルド(レッドブル)、エリクソン(ザウバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/18 20:21
いろんなことが起こりすぎたオーストラリアGP
FIA Formula1 World Championshipが今年も始まりました。第1戦はROLEX Australian GP。メルボルンのアルバートパークで行われましたが、今回はレースが始まる前に多くのことが起こりました。テストでアロンソ(マクラーレン)のクラッシュ、それに伴う今レースの欠場(代役はマグヌッセン)、マルシャを受け継いだマノーは本当にレースに出るのか怪しいし、ザウバーは裁判沙汰…ここまでいっぺんに起こるのもそうないのですが、予選6番手のボッタスは椎間板を痛めたということで欠場... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/16 22:20
ルイス・ハミルトン6年ぶり2度目のチャンピオンに輝く
FIA Formula1 World Championshipシリーズ第19戦、エティハド航空アブダビGPがヤス・マリーナサーキットで行われました。今シーズン最終戦です。 前レースからの動きとして、最も大きいのは、ジュール・ビアンキがフランスの病院に転院したことでしょう。まだ大変な状況に変わりはありませんが、四日市から転院したということは長距離移動させることができるぐらいには回復した、とみていいでしょう。これは大変うれしいことです。この調子で悪くても日常生活ができるぐらいには回復してほしいです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 20:35
ニコほぼ完全勝利でタイトル争いは最終戦アブダビへ
F1第18戦ペトロブラス・ブラジルGPがサンパウロのインテルラゴスで行われました。 アメリカGP以後の大きな動きとして、マルシャが従業員を解雇したことが挙げられます。なんかまだ最終戦参戦をあきらめていないようですが、マルシャF1は終わったと見たほうがよいでしょう。非常に残念ですが、これもF1でよくある光景です。 今回はロズベルグ(メルセデス)が全セッション(P1〜P3、Q1〜Q3、レース)でトップというほぼ完全勝利を収めました。これでファステストラップをマークすれば本当に完全勝利だったのです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/11 20:26
ハミルトン王者に向けて大きな勝利
F1第17戦2014アメリカGPがオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。 今レースと次戦ブラジルGPですが、マルシャとケータハムが欠場することになりました。マルシャに関しては非常に残念でなりません。今シーズンポイントを獲得してますし。どこかが経営を引き継いでくれることを願ってます。ケータハムに関しては残念でも何でもないですね。F1に参戦するだけの力はありませんでしたし。旧オーナー側にも問題はありますがオーナーが代わってからチームは完全にダメになりました。まともなところに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/04 07:49
ニコまた自滅もメルセデスAMG初戴冠
F1第16戦2014ロシアGPがソチ・オートドロームで行われました。ソチ・オリンピック会場を利用した、初めてのロシアGPです。 今レースはコンストラクターズチャンピオン決定の可能性があります。条件は、今レースにおいてレッドブルがメルセデスAMGに対し19ポイント以上多く獲得しないこと。先回18ポイントと書きましたが19ポイントです。18ポイントの場合、残りレッドブルが全て1-2フィニッシュ、メルセデスが0ポイントの場合、ポイントで並びますが、優勝回数の関係で(メルセデス12勝、レッドブル6〜7... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/13 07:16
ビアンキの回復を祈る(F1日本GP)
FIA Formula1 World Championship第15戦2014日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われました。 来シーズンのレッドブルのドライバーラインナップ発表があったり、レースの内容も大変良かったと思います。しかし、そのどれも今ははっきり言ってどうでもいいことです。ジュール・ビアンキ(マルシャ)の容体に比べたら全くどうでもいいことです。 42周目、ダンロップコーナーでスーティル(ザウバー)がクラッシュします。雨で路面に水たまりができ、そこに足を取られたようです。スー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/06 20:59
明暗分かれたメルセデス、ハミルトンがポイントリーダーに立つ
F1第14戦シンガポール航空シンガポールGPが行われました。ヨーロッパラウンドが終わり、いよいよチャンピオンシップも大詰めに向かっていきます。 今レース前、フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長が辞任しました。フェラーリの一時代が終焉した感じですね。75年以降のフェラーリの成功は彼の存在は欠かせません。チームマネージャーとしてニキ・ラウダをチャンピオンに導き、エンツォ亡き後、社長・会長としてシューマッハ5連覇、チーム6連覇を果たしました。2000年頃の成功はジャン・トッド(現FIA会長)、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/22 22:14
新レース、フォーミュラE開幕
新しいレース、FIA Formula E Championshipが始まりました。病院行ってた関係で開幕戦は決勝の最後の方しか見ていませんが、結構楽しめるのではないか、と思いました。 私が思うに、フォーミュラEの魅力はまずは新しいモータースポーツであることではないでしょうか。他を考えると今はワンメイクレースなのでドライバーの技量の差が出やすくなりますね。つまりよりスポーツらしくなる。賛否分かれるところだと音ですが、個人的には全く気になりませんでした。むしろこれはこれでいいと思います。まあ私の場... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/14 15:11
ロズベルグ自滅でハミルトンが制したイタリアGP
F1第13戦イタリアGP2014がモンツァで行われました。ヨーロッパラウンドの最終戦になります。 今回はまず簡単に予選の感想から。今回の予選で一番よかったのはもしかしたら小林可夢偉かもしれません。あのケータハムで19番手。下にマルシャとは言えたチームがいるなんて…どこかまともなチームが契約してくれないか、と思わずにはいられません。 決勝はスタートで失敗するもポールスタートのハミルトン(メルセデス)がほどなく順位を戻します。2番手スタートのロズベルグはハミルトンのスタート失敗でトップに立ち、独... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 07:24
メルセデス自滅、リカルド連勝で後半戦開幕を飾る
気が付いたら約1ヶ月ぶりの記事ですね。夏コミやら艦これイベやら忙しくて書いてる暇がなかったのですが…これらについては後日書こうと思います。 さて、夏休みが明けたF1ですが、第12戦シェル・ベルギーGPがスパ・フランコルシャンで行われました。 去年はここからベッテルが全勝して、一気に4連覇に突き進みました。まさか今の時代に9連勝(歴代連勝記録トップタイ)を見ることができるとは思いもしませんでした。さて、今年はどうなるのでしょうか。 今年もスパウェザーは健在で、予選前に雨が降り、予選開始時は雨... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/25 07:03
名レースだったハンガリーGP
F1第11戦ピレリ・ハンガリーGPがブダペストで行われました。 ハンガリーGPは昔から結構ドラマチックな展開になることが多いレースです。89年は12番グリッドからマンセルが逆転Vを飾り、90年は7台ぐらいが激しく争い、91年はマンセルが当時最速でチャンピオンに輝き、92年はヒルが初優勝を飾りました。そのヒルは97年、アロウズであわやブリヂストン初優勝か、という素晴らしいレースをしました。近年ではバトンが優勝、ホンダに約30年ぶりの勝利をもたらし、アロンソがハミルトンのタイムアタックを妨害する形... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/28 07:07
アクシデントからの逆襲、ハミルトンが光ったドイツGP
F1第10戦サンタンデール・ドイツGPがホッケンハイムリンクで行われました。 今回はまず予選Q1でハミルトン(メルセデス)がクラッシュ、赤旗が出るほどのアクシデントで、Q1は通過したものの、Q2を走ることができませんでした。結局これが決勝に響くことになりました。もしかしたらチャンピオンシップにも影響を及ぼすことになるかもしれませんが。その決勝、マッサ(ウィリアムズ)とマグヌッセン(マクラーレン)がクラッシュ、いきなりセーフティーカー導入となりましたが、その後はポールスタートのロズベルグ(メルセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/21 23:49
キミが大クラッシュ、ニコが止まりルイスが制したイギリスGP
F1第9戦サンタンデール・イギリスGPがF1の第1戦が行われたシルバーストーンサーキットで行われました。去年はタイヤのバーストが頻発してひどいレースだったのはまだ記憶に新しいところです。 今回はまず予選で波乱が。Q1でフェラーリ勢、ウィリアムズ勢が脱落、Q3でハミルトン(メルセデス)が6位に落ち、ベッテル(レッドブル)がフロントローに並びます。去年までのベッテルなら全然おかしくないのですが今年のレッドブル・ベッテルがフロントローに来るのは予想外の好結果と言えるでしょう。決勝はライコネン(フェラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/07 07:19
予選の大波乱も終わってみれば…
F1第8戦オーストリアGP2014がレッドブルリンクで行われました。レッドブルレーシングにとってはホームグランプリともいえるレースです。 かつてエステルライヒリンクと呼ばれ、その後、コース形状とともにA1リンクと名を変えレースを開催してきたコースにF1が11年ぶりにやってきたわけです。前回開催時現役だったドライバーとなると、アロンソ、ライコネン、バトンの3人だけです。マッサは前年デビューしてますが、その年はシート喪失状態でした。その時の結果は、ライコネン(当時マクラーレン)が2位、バトン(当時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/23 20:05
メルセデス陥落、ダニエル・リカルド初優勝
F1第7戦カナダGP2014がモントリオールのシルキュイ・ジル・ヴィルヌーヴで行われました。 カナダGPというと、過去、ドラマチックな展開が何度も起こりました。例えば、 1989年:残り3周でトップのアイルトン・セナ(マクラーレン)がストップ(完走扱い)。ティエリーブーツェン(ウィリアムズ)が初優勝(当時の最遅記録)。完走台数はレインレースということもあり26台中8台。 1991年:トップ独走のないジェル・マンセル(ウィリアムズ)がファイナルラップにストップ。ネルソン・ピケ(ベネトン)が優... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/10 06:32
ニコ、モナコ2年連続ポール・トゥ・フィニッシュ達成
F1第6戦モナコGP2014がモンテカルロ市街地コースで行われました。72回目のモナコGPです。 今レース前、3度のワールドチャンピオンに輝いたサー・ジャック・ブラバムが亡くなられました。59年、60年、66年のチャンピオンで、59〜60年は史上3人目の連覇で、85〜86年にアラン・プロストが成し遂げるまで誰もできなかった偉業です。ジャッキー・スチュワートもニキ・ラウダもジム・クラークも成し得ませんでした。その後連覇はアイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ(2度)、ミカ・ハッキネン、フェルナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/26 07:19
止まらないメルセデスの独走
F1第5戦ピレリ・スペインGPがバルセロナで行われました。へレスから移ってから今年で24回目。それを聞いてもうそんなになるのか、と思いました。 今回もメルセデス勢は圧倒的であり、付け入るスキとなるとチームメイトバトル、マシントラブル、レーシングアクシデントぐらいしか見出せそうにない状況でした。しかし、トラブルもアクシデントもなく、チームメイトバトルもクリーンなものとなるともはや他チームはなす術もなく、4戦連続メルセデスの1-2を許す結果となりました。で、どっちが勝ったかというと、ハミルトンで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 06:58
悪夢の週末から20年を経て
今年もこの日がやってきました。 あのイタリア・イモラの地で起きた悪夢の週末から20年が経ちました。1994年4月29日に開幕したF1サンマリノGP。主だった出来事をあげると、29日にルーベンス・バリチェロが事故により負傷、レースを欠場することに、30日にローランド・ラッツェンバーガーが事故により死亡、長年語られてきたF1の安全神話が完全崩壊した瞬間でした。5月1日にはスタート直後の事故で観客が負傷、ピットアウト時にマシンからタイヤが外れてメカニックが負傷、そしてアイルトン・セナが事故死。これだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/01 18:20
メルセデス圧勝よりも完走台数の多さが光った中国GP、だが大失態が…
F1第4戦UBS中国GPが上海インターナショナルサーキットで行われました。 今回もメルセデスの強さは他を圧倒していました。ハミルトンがポールからスタートダッシュを決めてそのままフィニッシュ、通算25勝目を自身初の3連勝で飾りました。ロズベルグはスタートで順位を落とすも挽回し2位フィニッシュ、3戦連続で1-2フィニッシュ(ついでにいえばルイス・ニコの順の1-2)を決めました。3位にはスタート直後マッサ(ウィリアムズ)と接触するも大きな影響のなかったアロンソ(フェラーリ)が入り、以下、リカルド、ベ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 07:10
こんなレースが見たかった!素晴らしかった終盤のデッドヒート
2014年F1第3戦ガルフエア・バーレーンGPが行われました。 今回、予選はロズベルグ(メルセデス)が制し、ハミルトン(メルセデス)の3連続ポールを阻止しましたが、決勝ではスタートでハミルトンがロズベルグを抜きトップへ、その後、抜き返したりピットインで逆転したりしたりしますが、39周目、グティエレス(ザウバー)がターン1を曲がろうとした際にピットアウトしたマルドナード(ロータス)に追突され1回転するクラッシュがありセーフティカーが入りタイム差がなくなります。リスタート後、ハミルトンとロズベルグ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/08 02:02
リカルドがツキに見放されてしまったマレーシアGP
2014年F1第2戦ペトロナス・マレーシアGPがクアラルンプールのセパン・インターナショナルサーキットで行われました。 まず予選が雨で大幅に開始が遅れ、CSでの生放送が延長し、録画が途中で切れてしまうという状況に個人的には残念な思いをしました。そんな個人的なことはともかく、今レースは予選からハミルトンが支配し、ポール・トゥ・フィニッシュで今季初優勝を飾りました。オーストラリアで勝利を飾ったロズベルグが2位とメルセデス勢が1−2フィニッシュ。2番手スタートのベッテル(レッドブル)が3位に入り、以... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 07:17
リカルドとマグヌッセンが魅せロズベルグが制したオーストラリアGP
2014年FIA Formula1 World Championshipシリーズ第1戦、ロレックス・オーストラリアGPがメルボルンのアルバートパークサーキットで行われました。 今季は昨年からレギュレーションが大きく変更され、1988年以来となるターボエンジンの復活(ターボオンリーとなると1986年以来)やデザインに関する変更などもあり、特にフロントノーズの形状が大きな話題となりました。また、カーNoがドライバーごとの固定になりました(ディフェンディングチャンピオンが1なのは変わらず)。また、昨... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/16 19:48
F1 2014年シーズン開幕間近
来週、FIA Formula1 World Championship 2014年シーズンが開幕します。 昨シーズンから大きく変わるシーズンとなり、はっきり言って全く予測できないシーズンです。見栄えでいえばノーズが大きな話題になってますね。掃除機型とかアリクイノーズ(別名ち○こノーズ)とか、とにかく悪評この上ないわけですが、この部分はF1の本質からは外れるので特に追及はしないことにします。では、F1の本質の部分で問題はないのか、といえば、非常に大きな問題があります。チャンピオンシップポイントに関... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/08 17:12
シューマッハ重体
年の瀬になってショックなニュースが相次ぎました。今日、大瀧詠一さんが急逝されたことが明らかになりました。驚きました。親しい方とかファンとかは、信じられない、というか、信じたくない気持ちでしょう。あまりにも急な出来事に言葉が出てきません。ご冥福を、とかなんかまだ言う気持ちになれないです。ファンではないのですが、現実として受け止められなくて… 個人的に一番ショックだったのはやはりミハエル・シューマッハの事故。第一報では頭部を打ったものの意識はしっかりしてる、というものでしたが、頭部を打ったことが非... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/31 18:33
ベッテル9連勝、後半戦全勝で締めくくる
F1第19戦、ペトロブラス・ブラジルグランプリがサンパウロ郊外インテルラゴスで行われました。 今レースの注目は、今シーズンワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)の連勝記録、このレースを最後にF1から去るマーク・ウェバー(レッドブル)と8年間在籍したフェラーリを去ることになった地元フェリペ・マッサの走りでしょう。あとはコンストラクターズ2位争いですね。 レースはスタートでロズベルグ(メルセデス)がトップに立つもポールスタートのベッテルが2周目1コーナーで抜き返し、以後、他を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/11/26 20:56
ベッテルシーズン新の8連勝達成
F1第18戦アメリカグランプリがサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。 インドでチャンピオンが決まった今、注目はベッテル(レッドブル)の連勝、今季限りで引退するウェバー(レッドブル)のレース、チャンピオンシップ2位争いでしょうか。 今レース前、ライコネン(ロータス)の残り2戦の欠場、代役にコバライネン起用が発表されました。状況からいろいろ言われそうな出来事ですが、キミがこれでロータスを離れる、というのが事実でしょう。コバライネンは思わぬ形でチャンスをもらったわけなので、何とかものに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/19 22:18
ベッテルが他を圧倒し7連勝達成
F1第17戦エティハド航空アブダビグランプリが行われました。 チャンピオンシップの決着がついたので、今レースの注目はベッテル(レッドブル)の連勝と引退間近のウェバー(レッドブル)のレースぶりでしょうか。ベッテルが勝てばミハエル・シューマッハが2004年第7戦から第13戦に記録した7連勝に並びます。ちなみに最多連勝記録はアルベルト・アスカーリが1952年第3戦から1953年第4戦に記録した9連勝。未出走の1953年第2戦で記録を切るとシューマッハと同じ7連勝。今回ベッテルはこの2人に挑むことにな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/04 20:39
ベッテル優勝でダブル4連覇達成
F1第16戦エアテル・インドグランプリが行われました。 まず、今レースでチャンピオン決定の可能性があるので、その条件を書こうと思います。 【ドライバーズ】 日本GP終了時でチャンピオンの可能性があるのは、 ・セバスチャン・ベッテル(レッドブル)…297ポイント(9勝) ・フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)…207ポイント(2勝) の2人。今レースを除くと残り3戦のため、今レース終了時点でベッテルが75ポイント以上の差をアロンソにつければいい。そうなるには、今レースの結果が @ベッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/28 20:13
グロージャンのレースだった日本GP
F1第15戦日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われました。 今回はまず、悲しい話をしなければならない。元テストドライバーで2012年に大クラッシュで大けがを負ったマリア・デ・ビロタさんが急逝されました。死因は事故による神経損傷だそうです。男性上位のモータースポーツの世界において果敢に挑戦されたデ・ビロタさん。その死は非常に悲しく残念です。しかし彼女のもたらしたものはとても大きく、モータースポーツ発展に大きく寄与されました。感謝とともに心からご冥福をお祈り申し上げます。 今レース、今季... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/14 09:20
完敗の凱旋門賞と開催が限界の韓国GP
今晩はスポーツ2題を。 まず時系列的には逆になりますが、凱旋門賞。フランスのオークスに当たるディアヌ賞馬トレヴが優勝、オルフェーヴルは2着、キズナは4着に敗れました。去年と異なり今回は完敗でした。とはいってもオルフェーヴルは決して弱いわけではない。彼のレースをした。しかしトレヴがさらに強かった。これは仕方ないでしょう。キズナも4位なら頑張ったほう。それにしても凱旋門賞で2着、4着で残念に感じるようになったんだから日本の競馬は本当に強くなりましたよ。シーキングザパールとタイキシャトルによる2週連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/07 23:55
ベッテル圧勝、その時ウェバーは…
F1第13戦シングテル・シンガポールGPがシンガポールの市街地コースで行われました。 イタリアGP以降、来期のシートに大きな動きがありました。フェラーリがライコネンと契約、来年はアロンソと2人のチャンピオンで戦うことになりました。キミにとっては復帰になります。ロータスとキミの間に問題があったのかどうか、いろいろ言われていますが私はまだ確信を持って言えないのでそれは置いときます。実力者が2人そろうと非常に難しい問題が起きます。89年に大きな亀裂になったプロストとセナを始め、近年でのアロンソとハミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/23 21:26
ベッテル快勝で選手権大きくリード
F1第12戦イタリアGPがアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァで行われました。モンツァは選手権開始以来ほぼ毎年F1が開催されているコースです。そして、モンツァは移籍の発表などがあったりして大きな動きを見せます。そして歴史に残るレースもありました。特に1988年は記録にも記憶にも残るレースでした。8月14日にコマンダトーレことエンツォ・フェラーリが逝去され、その後初めて行われたイタリアGPで、セナが終盤までトップを走っていたものの代打出生のシュレッサーと接触してリタイア、プロストもリタイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/09 20:50
ライコネンの連続入賞記録止まる
昨日忘れていて書けなかったものを思い出しました。同人マークのことです。発表されていろいろ言われていますね。中には憶測で言ってるのもいます。何が正しいのか調べもせず単なる憶測に基づいてものをいうのは非常に危険です。そしてその発言、書き込みの責任は全て自分自身にあります。それがわかっていればうかつなことは言えないですよ。 さて、本題を。F1第11戦シェル・ベルギーGPがスパ・フランコルシャンで行われました。約1ヶ月ぶりのF1になります。 今回、予選でディ・レスタ(フォース・インディア)があわやポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/26 20:53
ハミルトンがハンガリー4勝目で今季初優勝
F1第10戦ハンガリーグランプリがブダペストのハンガロリンクで行われました。 今回は予選Q3でハミルトン(メルセデス)が素晴らしい走りでトップタイムをたたき出しました。どれぐらい素晴らしいかというと、当のハミルトンがポールと知らされてびっくりするぐらいです。これが決勝でも生きて、ハミルトンがポール・トゥ・ウィンを決めて今季初優勝となりました。2位にはライコネン(ロータス)が入り、ベッテル、ウェバーのレッドブル勢が3・4位、以下、アロンソ(フェラーリ)、グロージャン(ロータス)、バトン(マクラー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/29 21:20
2件のトラブルと終盤の見ごたえある争い、良し悪し両面そろったドイツGP
F1第9戦サンタンデール・ドイツグランプリがニュルブルクリンクで行われました。 イギリスグランプリでタイヤのバーストは頻発したのでタイヤ関係が注目されたレースとなりましたが、幸いタイヤ面では何事もなく、ピレリとしてはひとまずよかったのではないでしょうか。ただ、それ以外で今回はトラブルが起きました。 まず、ウェバー(レッドブル)が1回目のタイヤ交換の際、発進直後に脱輪しカメラクルーに直撃、骨折する事故があった。これはピットクルーのミスでしょう。タイヤが完全に装着されていない状態でジャッキを下し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/08 20:46
歴史に残る酷いレース
F1第8戦サンタンデール・イギリスGPがイギリス・シルバーストーンサーキットで行われました。昨日の記事にも書きましたが、地上波しか見れない環境が続いたため、カナダは記事を見送らざるを得なくなりましたが、昨日ケーブルテレビを通じて見れる環境になりましたのでここイギリスから記事を再び書こうと思います。 まずは結果を簡単に書きますと、ロズベルグ(メルセデス)が今季2勝目を挙げ、今季限りでF1から離れるウェバー(レッドブル)が2位、アロンソ(フェラーリ)が3位に入り、ポールスタートのハミルトン(メルセ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/01 19:56
親子モナコウィナー誕生
F1第6戦第71回モナコGPがモンテカルロ市街地コースで行われました。 今レースはセーフティカーが2度出たり赤旗が出たりと波乱にとんだレースとなりましたが、ロズベルグ(メルセデス)が3戦連続となるポールポジションからようやくトップでチェッカーを受け、今季初優勝を飾りました。父ケケも30年前に勝っており、史上初の親子モナコウィナーとなりました。2位、3位にはベッテル、ウェバーのレッドブル勢が入り、以下、ハミルトン(メルセデス)、スーティル(フォース・インディア)、バトン(マクラーレン)、アロンソ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/27 22:05
フェラーリのレースだったスペインGP
F1第5戦スペインGPがバルセロナのシルクイート・デ・カタルーニャで行われました。 結果からいうと、5番手スタートの地元アロンソ(フェラーリ)が優勝、今季2勝目をあげました。2位には4番手からライコネン(ロータス)、3位には9番手からマッサ(フェラーリ)が入り、以下、ベッテル、ウェバーのレッドブル勢、ロズベルグ(メルセデス)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、バトン、ペレスのマクラーレン勢、リカルド(トロ・ロッソ)の順に入りました。 今回はまさにフェラーリのレースでしたね。アロンソはジャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/13 21:35
GWでの私
GWも終盤になりましたがいかがお過ごしでしょうか。久しぶりに記事を書こうと思います。 前回からまたいろいろありました。個人的にはエアグルーヴの死はいろんな意味で驚きました。バブルガムフェローとの激闘、つまり天皇賞制覇からもう16年経ったんですね。5月1日のセナの命日、そして今日は岡崎律子さんの命日と、自分にとって思い入れのある方々の命日が続き、何とも言えない感じです。セナは来年があの惨事から20年。以後F1において死亡事故は起きていません。しかし他カテゴリーでは起きています。F1でも死亡には至... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/05 15:13
アロンソの不運、マクラーレンの不要なバトル、そして琢磨の快挙
F1第4戦ガルフ・エア・バーレーンGPがバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われました。 結果はベッテル(レッドブル)が優勝、今季2勝目をあげました。ライコネン、グロージャンのロータス勢が2、3位に入り表彰台は去年と全く同じ面々、というか全く同じ順になり、以下、ディ・レスタ(フォース・インディア)、ハミルトン(メルセデス)、ペレス(マクラーレン)、ウェバー(レッドブル)、アロンソ(フェラーリ)、ロズベルグ(メルセデス)、バトン(マクラーレン)の順にフィニッシュしました。 今回取り上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/22 22:05
ピレリタイヤのレベルが…
F1第3戦中国GPが上海インターナショナルサーキットで行われました。 まず結果を書くと、アロンソ(フェラーリ)が優勝、ライコネン(ロータス)が2位、ポールスタートのハミルトン(メルセデス)が3位、ベッテル(レッドブル)が4位、バトン(マクラーレン)が5位と、ワールドチャンピオン5人がトップ5を占め、以下、マッサ(フェラーリ)、リカルド(トロ・ロッソ)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、グロージャン(ロータス)、ヒュルケンベルク(ザウバー)の順で入りました。ライコネン、ハミルトン、ベッテルの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/15 22:39
遺恨が残ったマレーシアGP
F1マレーシアGPがクアラルンプールのセパン・インターナショナル・サーキットで行われました。 今回も天候が不安定で決勝直前もダミーグリッドにつく際にコースアウトするマシンがいくつかありました。レース自体はスタート直後にアロンソ(フェラーリ)がベッテル(レッドブル)と接触、フロントウイングにダメージを負います。2週目に入ったところでフロントウイングが脱落、コースアウトしてリタイアします。その後、コースコンディションに合わせてタイヤが交換されていきますが、その際、ハミルトン(メルセデス)がマクラー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/25 20:48
雨に翻弄された開幕戦をキミが制した
今年のフォーミュラ1世界選手権シリーズ開幕戦、オーストラリアGPがメルボルン、アルバートパークサーキットで行われました。 先日書いたとおり、64年目のシーズンで、計算上新チャンピオンが誕生してもいい時期になります。でも、3年ぐらい新チャンピオンが出なくても別に珍しい話ではないんですよね。近年もっと長期難誕生しなかった例があるし。99〜04年です。この6年はハッキネンの2度目とシューマッハの3度目からの5連覇で新チャンピオンが出てなかった。逆に07〜10年はライコネン、ハミルトン、バトン、ベッテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/17 21:13
花粉症?とWBC、そしてF1開幕間近
今週は結構暖かい日が続きました。先週は寒くてしょうがなかったのにこの暖かさはいったい…しかし北海道は依然として大変な状況。天気ももうちょっと何とかならないものか、と思ってしまいます。 そして今年は花粉がものすごいことになる様子。一時花粉症の症状がおさまっていた私ですが、今年はティッシュが手放せない状況にあります。そして目の痒さは我慢できないほど。ついに洗眼薬買ってしまいました。これが結構気持ちがいいものでして、下手したら異常なくてもやってしまいそうな感じでして… WBC、始まってますね。前回... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/10 19:56
ベッテル史上初の初タイトルからの3連覇達成
F1ブラジルGPがサンパウロ郊外インテルラゴスで行われました。今季最終戦です。 まず、来季のシートに関してですが、ザウバーが小林可夢偉と契約しませんでした。ペレスともどもザウバーを去ることになったわけですが、その中身は全く別。ペレスがマクラーレンへステップアップするのに対し小林は来季のシートが決まってない状況。最悪F1から離れることになるわけです。こうなったのは結果を残せなかったから。誰のせいでもない、小林自身の責任です。大口のスポンサーを持たないドライバーにとって結果はすべてです。そして資金... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/26 23:52
ハミルトンとベッテルの素晴らしき攻防とレッドブルの3連覇
F1アメリカGPが新設のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。F1が久々に合衆国に帰ってきました。 まずは今回、チャンピオン決定の可能性があるのでアブダビ終了時のチャンピオンシップポイント、今回でチャンピオンが決まる条件を書きたいと思います。ドライバーズは セバスチャン・ベッテル(レッドブル):255(5勝) フェルナンド・アロンソ(フェラーリ):245(3勝) 今回チャンピオンが決定するには、ベッテルがアロンソに対し15ポイント以上多くポイントを挙げること。具体的にはポイント... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/20 00:31
ついにライコネンが勝った!
なんかブログがとらぶって更新できない状態にあったようです。その間、巨人が日本一になったりしましたが、それとか関係なく記事を書いていきます。 F1アブダビGPが昨日行われました。前戦までの状況はベッテル(レッドブル)が3戦連続で全ラップリーダーとなり4連勝でポイントリーダーに立ち、アロンソ(フェラーリ)がそれに続き、以下、ライコネン(ロータス)、ウェバー(レッドブル)、ハミルトン(マクラーレン)までが数字上チャンピオンの可能性がある、というものでした。コンストラクターズはレッドブルがトップ、以下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/05 20:35
後々大きな意味を持つかもしれないアロンソの2位
F1インドGPがブッダ・インターナショナル・サーキットで行われました。 レースはベッテル、ウェバーのレッドブル勢が予選順位のまま1-2体制で進みます。そのうしろでは5番手スタートのアロンソ(フェラーリ)がハミルトン、バトンのマクラーレン勢に襲いかかります。オープニングで一瞬抜きますがすぐ抜き返され、さらにハミルトンを抜き返す、という激しいバトルを繰り広げます。4周目にはバトンをも抜き返し3番手に上がります。その後、このままレースは進みますが、終盤、ウェバーのKERSが使えない状態になり、アロン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/29 18:17
今季初の1-2フィニッシュを飾ったレッドブル
F1韓国GPが韓国インターナショナルサーキットで行われました。 レースはフロントローのレッドブル勢が順調なスタートを切り、両者が並びそうになるシーンもありましたが2番手スタートのベッテルが前に立ち、結局フィニッシュまで行き、シンガポールから3連勝を飾りました。2位はポールスタートのウェバーがそのまま残りレッドブル勢の1-2フィニッシュとなりました。なんと今年1-2フィニッシュはこれが初めて。レッドブルだけでなく全チームにとっても初めてという事で、これだけでも今季の大混戦ぶりがうかがう事が出来ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/14 23:01
ベッテル完勝、可夢偉歓喜の初表彰台
F1日本GP決勝が三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われました。 昨日の予選からのグリッド降格は4人で、前戦のペナルティーでシューマッハ(メルセデス)が10グリッド、バトン(マクラーレン)とヒュルケンベルク(フォース・インディア)がギアボックス交換で5グリッド、ベルニュ(トロ・ロッソ)がQ1でセナ(ウィリアムズ)を妨害したとして3グリッド降格となりました。これによりベッテル、ウェバーのレッドブル勢がフロントロースタートが確定、小林(ザウバー)が3番手スタートとなりました。 レースはスタート直後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/07 22:47
F1日本GP予選行われる
F1日本GPの予選が三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われました。 まずQ1では終盤にドラマがありました。ペレス(ザウバー)が一時トップに立つも小林(ザウバー)が上回ります。終了直前、セナ(ウィリアムズ)がベルニュ(トロ・ロッソ)に詰まったしまいます。チェッカー後、グロージャン(ロータス)がトップタイムを更新、そして最後の最後でシューマッハ(メルセデス)がタイムを更新しQ1敗退から逃れ、変わってセナがQ1敗退となりました。Q1では他にコバライネン(ケータハム)、グロック(マルシャ)、デ・ラ・ロサ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/06 20:05
F1日本GP開幕
さて10月に入りました。今週末は大きなスポーツイベントが2つあります。一つはフランス・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞。昨年の三冠馬オルフェーヴルが挑戦します。これまでの日本調教馬の最高成績はエルコンドルパサーとナカヤマフェスタの2着。特にエルコンドルパサーはこの結果でサラブレッドランキングで日本調教馬としては過去最高のレーティングを受けました。ディープインパクトでさえ3位入線(のち失格)まででした。今年は有力馬が相次いで見合わせオルフェーヴルが最有力としてとらえられています。しかし凱旋門賞は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/05 19:52
ベッテルの速さ、アロンソの安定性、ハミルトンの不運
F1シンガポールGPが行われました。 今回のレース前、F1の安全性向上とドライバーの安全に多大な貢献をされたシド・ワトキンス博士が逝去されました。博士なしでは1994年5月1日以降死亡事故なしという事実はないでしょう。F1界は偉大な人物を失いました。博士のこれまでの功績に深く感謝するとともに心からご冥福をお祈り申し上げます。ワトキンス博士、今まで本当にありがとうございました。安らかにお休みください。 レースはポールスタートのハミルトン(マクラーレン)が先行、3番手スタートのベッテル(レッドブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/24 19:46
チャンピオンシップと来季以降に影響を与えたかもしれないイタリアGP
F1イタリアGPがモンツァで行われました。 その前に、元F1パイロットでCARTチャンピオンでもあるアレッサンドロ・ザナルディがロンドンパラリンピックで金メダルを獲得しました。レース中の事故で両足切断という非常に重い事に見舞われました。身体の一部を失う気持ちはそうそう理解できるものではないです。同じく失った人ぐらいではないでしょうか理解できるのは。ザナルディはそこからレースに復帰し、引退後はハンドサイクルに取り組み今回の栄冠に至ったのです。これは素晴らしいことです。いくら称賛しても足りないでし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/10 20:57
ラ・ソースに消えた多くのもの
1ヶ月の休みが明け、F1ベルギーGPがスパ・フランコルシャンで行われました。 今回のレースは7度のチャンピオンに輝いたミハエル・シューマッハ(メルセデス)の300戦目のレースになります。ジョーダンからデビューしたのが1991年のベルギー。決勝こそマシントラブルであっという間にリタイアしてしまったものの予選で速さを見せつけ翌イタリアGPからはロベルト・モレノと入れ替わる形でベネトンから出走し入賞。翌年のベルギーで初優勝を果たし、1994年には初のワールドチャンピオンに輝きました。デビュー、初優勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/03 21:13
ロータス勢を抑え込んだハミルトン今季2勝目
F1ハンガリーGPが首都ブダペスト・ハンガロリンクで行われました。 レースはポールスタートのハミルトン(マクラーレン)を2番手スタートのグロージャン(ロータス)が追う展開。タイヤ交換で変わる事はあっても基本的にこの展開だった。それが変わったのは39周目にグロージャンが2度目のタイヤ交換をしてから。40周目にハミルトンが2度目のピットイン、45周目にライコネン(ロータス)が2度目のピットインをして出た時、ハミルトンがトップで通過、ピットアウトのライコネンとグロージャンがサイドバイサイドの争いにな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/30 22:33
現役最強ぶりを見せつけたアロンソ
多分初めての1日2記事作成になりますが、F1ドイツGPがホッケンハイムリンクで行われました。 レースはポールからスタートしたアロンソ(フェラーリ)、2番手スタートのベッテル(レッドブル)、6番手スタートのバトン(マクラーレン)による激しい争いになりました。その際カギとなったのはオープニングラップでの接触事故。この事故で結構の数の破片がコース上に散らばりそれを各マシンが踏む形になりました。その結果、ハミルトン(マクラーレン)がタイヤを痛めスローダウン。タイヤを交換してコースに戻りましたが、後に周... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/23 22:10
天候によるタイヤ戦略が決め手だったか
F1イギリスGPがシルバーストーンで行われました。 今回、天候が大きなポイントになりました。P1、P2が雨、P3が曇で来て予選が雨。Q2は1時間半も中断するほどでした。つまり、非常に扱い辛いピレリタイヤをあまり試すことができなかった。そして決勝はドライコンディション。Q3のタイムアタックは当然インターかウェットでしたので普段はQ3で使われたタイヤを決勝スタート時に使うのですが今回はそういう事にはならず、大抵同じ種類のタイヤが並んでいたのが今回は結構バラけました。 今回は結果を先に書きます。勝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/09 22:39
アロンソが混戦を制し、皇帝が表彰台に帰ってきた
F1ヨーロッパGPがスペイン・バレンシアで行われました。今の状況でスペインで2回F1を開催するのはどうかという気もします。開催決定の時期にはヨーロッパの危機は始まっていたはずですからよくよく考えてもらいたかったですね。まあ契約というものがあるから難しいんですが。 レースはポールからベッテル(レッドブル)が快走、ハミルトン(マクラーレン)やグロージャン(ロータス)以下を引き離す展開になります。大きくレースが動いたのは28周目。ベルニュ(トロ・ロッソ)とコバライネン(ケータハム)が接触しベルニュの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/25 22:25
ピット戦略を制したハミルトンが7人目のウィナーに
1日遅れであれですが、F1カナダGPがモントリオールで行われました。本当は昨日書けたらよかったのですが、BSフジの放送から考えたら昨日アップするのは不可能です。やったらBS組完全無視ですから。 ポールを取ったのはベッテル(レッドブル)、2番手がハミルトン(マクラーレン)、3番手アロンソ(フェラーリ)と、歴代最年少チャンピオンがグリッド上位に並びました。スタートもアクシデントなく混乱することはありませんでした。この上位3人の明暗を分けたのはピット戦略。ハミルトンが2ストップを採ったのに対しベッテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/12 23:59
史上初開幕6戦6ウィナーの大激戦
F1モナコGPがモンテカルロで行われました。 今回も予選から驚かされました。Q3でトップタイムをたたき出したのがM.シューマッハ(メルセデス)。何もなければ復帰後初、通算69回目、史上4番目の高齢ポールポジション、となるところだったんですが、スペインでB.セナ(ウィリアムズ)に追突したことで今レース5グリッド降格となっていたんです。残念ですが、それでも40過ぎで一度引退してのQ3最速は驚異的です。シューじゃなきゃ無理です。 結局ポールはQ3で2番手のウェバー(レッドブル)。レースは1周目1コ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/28 23:18
マルドナードの、マルドナードによる、ウィリアムズの為のスペインGP
ヨーロッパラウンドの開幕戦となるF1スペインGPが行われました。私のF1のレース感想は去年の中国GP以来13ヶ月ぶりになります。その間入院していてほとんど見ていませんでした。見たのは時間的に視聴可能だった日本GPと外泊の為予約録画ができた今年の中国GP以降です。フジテレビのF1中継も今年から地上波からBSに変わりました。感想としてはCSと同じような感じで個人的には好きです。ただ、新規ファンの開拓には向かないかもしれません。そういう意味では従来のスタイルを残してもよかったかもしれないですね。 今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/14 22:02
今年の世界と私
昨日書き忘れましたがプロゴルファーの杉原輝雄さんが先日亡くなられましたね。ガンと敢然と闘われ生涯現役を通された偉大な方です。殿堂入りの話があるとか。当然と言えるでしょう。御冥福をお祈り申し上げます。 さて、今年の世界情勢を見ると、アラブの春、ビンラディン殺害と大きな動きがありました。カダフィも死に、アラブは新しい時代に入ろうとしていると言えるでしょう。そしてここに来て金正日の死。これには驚きました。朝鮮半島は不透明な状態に入りました。しかし野田総理の対応には呆れましたね。緊急放送があるのがわか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 06:55
タイヤ戦略が明暗を分けた中国GP
F1中国GPが上海インターナショナルサーキットで行われました。私はCSで見ているのですが、ブリヂストンの浜島さんが今回ゲストで入り、ピレリタイヤについて2戦を通じてどういった特徴があるのか解説してくれました。それによると予期しない段階で急激にタイヤ性能が悪化してあわててタイヤ交換、というパターンになるそうです。今回のレースはこれがもろ明暗を分けた形になりました。 スタートでバトン、ハミルトンのマクラーレン勢がポールスタートのベッテル(レッドブル)を抜いていきます。何周かしてベッテルはハミルトン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/19 06:19
KERSなしでもベッテル強し
F1マレーシアGPがセパンインターナショナルサーキットで行われました。 まずスタートで明暗が分かれました。3番グリッドスタートのウェバー(レッドブル)がKERS故障のためかダッシュが効かず大きく順位を落とします。逆に好スタートを切ったのがルノーの2台。オーストラリアで精彩を欠いたハイドフェルドは2番手まで上がります。レースはポールスターとのベッテル(レッドブル)が勝ち、2連続ポール・トゥ・ウィンを飾りました。信じられない事にレッドブルのKERSは故障で途中から2台とも使えなくなってたそうです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/12 04:04
ベッテル圧巻の走りで快勝
少し日が経ってしまいましたが、今年のF1開幕戦オーストラリアGPがメルボルンのアルバートパークサーキットで行われました。当初、13日にバーレーンGPが行われる日程でしたが、バーレーンを含む中東、北アフリカの情勢不安で延期となり、メルボルンが開幕の地となりました。 今年の注目はタイヤがブリヂストンからピレリに変わった事。絶対的な信頼を得ていたBSの撤退、ピレリへの変更でタイヤに関する作戦が大きく変わってきそうです。あとはKERSの復活、可変リアウイングの採用と思いつくだけでこれだけの変更がありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/30 00:18
トム・ウォーキンショー死去
昔、F1にアロウズというチームがありました。日本とのつながりも深く、一時期、フットワークと名乗っていたほどです。設立当初は結構華々しい活躍を見せたようです。それが次第に中堅チームに落ち着き、フットワークとの提携が解消になった頃には弱小チームになってしまいました。最後の華は97年ハンガリーGPでしょう。前年チャンピオンのデーモン・ヒルがあわやブリヂストンタイヤ初優勝か、というところまで行きました。 そのアロウズの元オーナーがなくなったそうです。このニュースを聞いたとき、設立者グループの一人かと思... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/14 03:01
セバスチャン・ベッテルが史上最年少チャンピオンに
F1今季最終戦アブダビGPが行われました。前戦ブラジルGPでコンストラクターズチャンピオンはレッドブル・レーシングに決まりましたが、ドライバーズチャンピオンシップは4人の争いで最終戦に入りました。それぞれのブラジルGP終了後のチャンピオンシップポイントと4位までの各順位の回数は以下の通りです。( )内は順に優勝・2位・3位・4位の回数です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 01:57
レッドブル6年目の歓喜
F1ブラジルGPがサンパウロ郊外インテルラゴスで行われました。まず、このレースでチャンピオンが決まる可能性があるので、ポイントを整理してみたいと思います。 ドライバーズはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が231ポイントでトップ。2位は220ポイントのマーク・ウェバー(レッドブル)。以下、ハミルトン(マクラーレン)210、ベッテル(レッドブル)206、バトン(マクラーレン)189。ここまでが数字上チャンピオンになる可能性があります。アロンソはウェバー以下に25ポイント以上差をつければここでチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/09 00:14
雨に笑ったアロンソ、泣いたレッドブル
F1韓国GPが韓国インターナショナルサーキットで行われました。初めてF1サーカスが韓国にやってきたわけですが、期待よりも不安の大きかったです。何せFIAがコースを承認したのは異例の遅さで、前戦日本GP直後でしたからね。一応コースは作った。でもすべてが完成したわけじゃない。これは韓国側とFIAのミスです。見切り発車的にレースをしたんじゃたまったもんじゃないです。まあ大きな事故がなかったのは何よりでした。 レースは雨で10分遅れでセーフティカースタート。しかし数周で赤旗。セーフティカー先導でレース... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 20:49
レッドブルの圧勝、光り輝いた可夢偉
F1日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキット国際レーシングコースで行われました。本来土曜日に行われるはずの予選が大雨により日曜日の午前に行われるという異例のスケジュールになりました。こういう事は台風が来た時の日本GP以来になります。 予選は終始レッドブル勢が速さを見せつけました。フロントローはベッテル、ウェバーのレッドブル勢が占め、3番手にハミルトン(マクラーレン)、以下、クビサ(ルノー)、アロンソ(フェラーリ)、バトン(マクラーレン)と続きました。なお、ハミルトンはギアボックス交換で5グリッド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/11 15:58
F1日本GP始まる
昨日からF1日本GPが始まりました。昨日はウェバー、ベッテルのレッドブル勢が速かったですね。本当前評判通りでしたね。 今日はもう大雨で、午前のフリーはほとんどのドライバーが走らずみてるだけでした。もうシケインなんてほとんど川で、ありゃまともに走れる状態じゃなかったですね。予選はリアルタイムで見てなかったんですが、結局中止、順延になりました。こんなこと台風が来たときの鈴鹿以来ですよ。 そんなわけで明日午前に予選、午後決勝という異例のスケジュールになったわけですが、とにかく見ている私たちがしびれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/09 17:00
アロンソ、ベッテルのしびれる争い
F1シンガポールGPが行われました。この先、ランキングトップ5の走りが気になるところです。 ポールをとったのは2戦連続でアロンソ(フェラーリ)。ここにきてチームが力をつけてきたみたいですね。ただ、同僚のマッサはトラブルで予選走れず最後尾スタートとなりましたが。(ちなみにエンジン交換ペナルティーで10グリッド降格でしたが、もともと最後尾スタートなのでペナルティーなしも同然でした) 2番手はベッテル(レッドブル)。以下ハミルトン(マクラーレン)、バトン(マクラーレン)、ウェバー(レッドブル)と、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/28 16:52
ピットインのタイミングが勝負を分けたイタリアGP
F1イタリアGPがアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァで行われました。もっともF1が行われた超高速コースで、これまでいろんなドラマが繰り広げられました。もっとも新しいところではベッテル(当時トロ・ロッソ)の初ポール、初優勝でしょうか。 スタートは2番手のバトン(マクラーレン)がよく、ポールスタートのアロンソ(フェラーリ)をかわします。オープニングラップでポイントリーダーのハミルトン(マクラーレン)とマッサ(フェラーリ)が接触、ハミルトンのフロントサスがいかれ、リタイヤに終わりました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 17:59
ハミルトン完勝
F1サーカスの夏休みが終わり、再開初戦、ベルギーGPがスパ・フランコルシャンで行われました。 まずスタートでポールポジションのウェバー(レッドブル)が大失敗、大きく順位を下げます。変わってトップに立ったのはフロントロースタートのハミルトン(マクラーレン)。そしてオープニングラップのシケインでバリチェロ(ウィリアムズ)がクラッシュ。300戦目のメモリアルレースを悔しい形で終えることになりました。 このレース、良くも悪くも目立ったのはベッテル(レッドブル)。17周目のシケインでバトン(マクラーレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/31 10:31
勝ちを取りこぼしたベッテル
本当は月曜日の夜にアップするつもりだったのですが、疲れでそれどころじゃなかったので今日アップします。 F1ハンガリーGPがブダペストのハンガロリンクで行われました。モナコに次ぐ低速コースなので、予選順位とスタートがカギとなります。 そのスタートを制したのはポールスタートのベッテル(レッドブル)。ここのところスタートで失敗していたので幸先良好でした。それ以上に良かったのが3番手スタートのアロンソ(フェラーリ)。一瞬ベッテルもかわすか、と思わせるようなスタートダッシュでした。逆に2番手スタートの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 12:32
ベッテルのミス、フェラーリの疑惑
F1ドイツGPがホッケンハイムリンクで行われました。個人的には昔の森の中を抜けていくようなコースが好きでしたので、今のコースになってちょっと残念に思っています。 スタートでポールポジションのベッテル(レッドブル)が出遅れ、マッサ、アロンソのフェラーリ1-2体制に。タイヤ交換後もこの体制は崩れませんでしたが、ピットから無線で暗にチームオーダーが伝えられます。マッサは露骨にあ樽俎を先に行かせ、結局そのままチェッカーを受けます。3位にはベッテルが入りました。 今回のポイントはスタートとチームオーダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/27 11:30
ウェバー圧勝、ベッテルパンクに泣く
1日遅れになりましたが、F1イギリスGPがシルバーストーンサーキットで行われました。 今回も予選で圧倒的な速さを見せつけたレッドブル勢。決勝でも異次元の速さを見せつけるかに思われましたが、オープニングラップでベッテルがパンクで大きく後退、ウェバーの一人旅になりました。結局ウェバーが優勝を飾り、ベッテルは何とかポイントを獲得するにとどまりました。今シーズンのレッドブルはなぜかこういったトラブルが多く、チャンピオンシップ独走とはいかないんですよね。 一方、3番手スタートのアロンソ(フェラーリ)。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/14 05:35
ウェバーの事故にはひやっとした
まずは野球賭博に関して日本相撲協会の処分の方向性が決まりました。これに関しては正式な処分が出てから所感を述べたいと思います。なんにしても名古屋場所開催が決まったのは良かったです。 さて本題を。F1ヨーロッパGPがスペイン・バレンシアの市街地コースで行われました。結果はベッテル(レッドブル)がポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を挙げました。2、3位にはハミルトン、バトンのマクラーレン勢が入っています。 今回はまずウェーバー(レッドブル)について。スタート自体は特に問題ないように見えましたがその後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/29 05:22
ハミルトン完勝、日本競り勝つ
さて、今晩はスポーツネタ2題いきます。本当は琴光喜の事も書きたいのですが、協会の処分が今日出るそうなので、それに合わせて書きたいと思います。 まずはF1カナダGPがモントリオールで行われ、マクラーレンのハミルトンが見事にポール・トゥ・ウィンを決めました。予選で初めてレッドブル勢を止めたわけなんですが、私は正直レギュレーションの見直しがあるかもしれない、と思いました。というのは、ハミルトンはぎりぎりの燃料で予選Q3を走り、規定で燃料を残すためにピットに帰る途中で車を止めたのです。今後こういったマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 06:07
あってはならない事が起きたトルコGP 
F1トルコGPがイスタンブールで行われました。 まず予選で波乱が。Q2でアロンソ(フェラーリ)が最終コーナーでミスをしタイムアタックに失敗、Q3に進めませんでした。 決勝はポールスタートのウェバー(レッドブル)、2番手スタートのハミルトン(マクラーレン)、ベッテル(レッドブル)の順でラップが重ねられ、ピットストップでベッテルがハミルトンをかわします。4番手スタートのバトン(マクラーレン)も順調にラップを重ねます。そして40周目、ウェバーにベッテルが仕掛けるも両者接触、ベッテルはリタイヤ、ウェ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/01 12:08
ウェバー完勝
F1モナコGPがモンテカルロ市街地コースで行われました。 まずP3でアロンソ(フェラーリ)がクラッシュして予選に出られませんでした。結構いいタイム出してただけに残念でした。 決勝は1周目からSCが。それもいつもの1コーナーはトラブルなしでしたがトンネル内でのクラッシュが原因でした。SC導入間、2つの出来事が。ピットスタートのアロンソが早々にタイヤ交換を。この戦略は大当たりでした。それからポイントリーダーのバトン(マクラーレン)がエンジンブロー。早々に戦列を離れます。その後もSCは出て、計4回... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/18 04:46
レースは最後まで分からない
疲れで遅れましたがこれは書いておきたいので書きます。F1ヨーロッパラウンドの開幕を告げるスペインGPがバルセロナで行われました。スタートから終始トップを走ったウェバー(レッドブル)が他を全く寄せ付けずポール・トゥ・ウィンを飾りました。完璧でしたね。唯一脅かす可能性のあったベッテル(レッドブル)はなんかうまい事いかなかったですね。最後はまさかのブレーキトラブルでやっとの思いでフィニッシュする事に。ただ幸運だったのは2番手を走っていたハミルトン(マクラーレン)が右フロントのホイールだと思うんですが破... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/11 20:05
路面状況の変化への対応で決した中国GP
F1中国GPが上海インターナショナルサーキットで行われました。 今回のレースは天候、路面状況に左右され、各ドライバーが四苦八苦しましたが、その中で一番よくレースを組み立てたのがマクラーレン勢。バトン、ハミルトンが見事な1-2フィニッシュを決めました。3位にはこれまたピットストップを最小限にとどめたロズベルグ(メルセデス)。でも個人的にはロズベルグにも優勝のチャンスがあったのでは、と思っているので少々残念でなりません。マクラーレンの強さが一歩上だった、というところでしょうか。 逆にフロントロー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/20 06:42
F1はスポーツショーではない
元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンが今シーズンのF1が退屈になった、という声に反論したようですね。テレビ中継としての面白さを基準にF1を判断するのは間違っていると。私も同感です。F1は世界最高峰のモータースポーツであってモータースポーツショーではないんです。 中継としての面白さを追求するなら徹底してショーにすればいい。それ用にレギュレーションを変えればすぐにでも出来るだろう。例えば予選順位と逆にスターティンググリッドを決めるとか。そうすれば結構見た目スリリングなレースになるだろう。で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/14 04:36
最速レッドブル、今季初の1-2
F1マレーシアGPがセパン・インターナショナルサーキットで行われました。 まず予選で大波乱が。雨でフェラーリとマクラーレンがタイムアタックのタイミングを完全に見誤り、バトン(マクラーレン)以外がQ1落ち。そのバトンもQ2では走れず、両チーム4台が後方からのスタートを強いられました。 決勝は3番手スタートのベッテル(レッドブル)がスタートダッシュを決めてトップに躍り出て、結局そのままトップでフィニッシュ。2位にはポールスタートのウェバーが入り、レッドブルが1-2フィニッシュを決めました。3位に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/06 08:22
バトルが楽しめたオーストラリアGP
F1オーストラリアGPがメルボルン・アルバートパークサーキットで行われました。ウェットコンディションで実に難解なレースとなりましたが、一番早くタイヤをスリックに替えたバトン(マクラーレン)が優勝しました。 今回のレースは路面の変化という要素も加わり、バトルが結構楽しめました。特に終盤の2番手争いは必見でした。仕掛けたりブロックしたり、見ていてあきませんでした。その2番手争いを制したのはクビサ(ルノー)。マッサ、アロンソのフェラーリ勢、ロズベルグ(メルセデス)、ハミルトン(マクラーレン)が続きま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/30 06:29
フェラーリ復活の1−2
今年もF1世界選手権が始まりました。今年も感想等は地上波放送終了後(ここでは東海テレビでの放送が終わった後)にアップする方針ですので、基本的には月曜日の夜以降に書かせていただきます。 今シーズンはいろいろ変わって各チーム大変だと思います。大きいものを挙げれば、ポイントシステムの大幅変更、レース中の給油禁止でしょうか。給油については昔に戻っただけなんですけど、大半のドライバーが燃料満載状態での走行を経験してないので、それにどう対応できるかがカギでしょう。また、マシン設計も大きく変わるはずです。燃... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/16 06:03
シューマッハF1復帰
ここのところ話題になっていたミハエル・シューマッハのF1復帰が正式に決まりました。タイトル争いができるかどうかはわかりませんが、ファンとしては楽しみなニュースであることには違いないです。 シューミー復帰の話は今シーズンにも負傷したマッサの代役として真っ先に名が挙がっていました。でもその時の今回は根本的に違います。あの時に復帰していたらおそらく失望しか味わえなかったでしょう。今のF1はどうもボタンの位置やらいろいろと体で覚えていないといけない要素がありすぎるので。しかもテストができない現状ではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/24 01:13
素晴らしかったアブダビGP
中日が中里ら6人に対し戦力外通告しました。本当のところ、去年の段階で危ないと思っていました。今はヤクルトの森岡とともに。結局けがに泣かされ続けた中日時代でしたね。自業自得のところもありますが。同じ名前を持つ私としてはさびしい限りです。 それはさておき、今年のF1を締めくくるアブダビGPが行われました。初コース、初のトワイライトレースだったのですが、コースとしては面白い感じがしました。ただ、トワイライトレースというのがどうにも気がかりですね。ドライバーに対する危険要素を増やしているだけのように思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 01:04
バトン、ブラウンGP初戴冠
本当は昨晩書きたかったのですが、なぜか書く所にいけませんでした。そんなわけで遅れてしまいましたが、F1ブラジルGPがサンパウロ郊外インテルラゴスで行われました。今回はまず予選について書かなくてはならないでしょう。ひどい雨でQ1、Q2が中断され、長時間待たされる羽目になり、結局バリチェロ(ブラウンGP)がポール、バトン(ブラウンGP)が14位、ベッテル(レッドブル)にいたっては16位という有様でした。 決勝ではオープニングラップで接触が多発する荒れたものに。チャンピオン争いをする3人はそれぞれ苦... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/21 01:11
ベッテル完璧な勝利
F1日本GPが三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで行われました。まずは予選Q2でのイエローフラッグ無視などでスターティンググリッドがかなり入れ替わりました。また、トヨタのグロックはドクターストップがかかり、欠場しました。 スタートはポールのベッテル(レッドブル)が順調なスタートで、3番手のハミルトン(マクラーレン)がそれに続きました。2番手スタートのトゥルーリ(トヨタ)は1つポジションを下げました。その後、大きな動きもなく後半に差し掛かりますが、2度目のピットインでトゥルーリがハミルトンをかわします... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 23:06
大荒れの日本GP予選
F1日本GPの予選が行われました。私は病院に行っていて見たのはQ2の途中からだったのですが、それにしても荒れに荒れましたね。 私が見ていないQ1で姿を消したのは、フィジケラ(フェラーリ)、中嶋(ウィリアムズ)、グロージャン(ルノー)、リウッツィ(フォース・インディア)。なお、ウェバー(レッドブル)は午前中のフリー走行でクラッシュをし、予選を欠場したみたいです。 大荒れだったQ2ですが、まずアルグエルスアリ(トロ・ロッソ)がクラッシュして赤旗。私が見だしたのは赤旗が解除されたあとからでしたが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/04 07:08
勝負を越えたいい出来事
F1日本GPが開幕しました。とはいっても私自身セッションを見ていないので何とも言えないのですが、3年ぶりの鈴鹿を多くの人が楽しんでもらいたいです。 それからさっきまで2016年夏季オリンピック開催国決定の瞬間をCSで見ていたのですが、生で中継しているのに速報で決定のテロップを流すのは何とも間抜けな気がしました。あんたらリアルタイムで放送そとるやないか、って。それはともかく、リオのオリンピックが成功してくれれば、と思いますね。 さて、本題に。この時期、プロ野球選手の去就が注目されるところです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/03 04:15
ハミルトン完勝
昨日、ついに職場復帰を果たしました。昼前後が一番睡魔の奴が強力でしたが何とか撃退しました。といっても薬の副作用ではなく一昨日の東京遠征の影響なんですが。で、帰宅したらまた睡魔が襲ってきて…ブログを書くのがこんな時間になってしまいました。若いつもりでいたんですが、歳をとったのか単なる運動不足なのか…多分両方ですけど。こりゃコミケ後は完全にグロッキー状態になるな、なんて思いました。 さて、F1シンガポールGPが一昨日の晩行われたのですが、ポールスタートのハミルトン(マクラーレン)がロズベルグ(ウィ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/29 01:47
フラビオは一体何をしにF1に来たのか
昨年のシンガポールGPで起きたクラッシュゲート事件について、FIAが評決を下しました。それによると、ルノーに2年間の執行猶予付き永久出場停止、フラビオ・ブリアトーレに無期限でモータースポーツへの関与禁止、パット・シモンズに5年間のモータースポーツへの関与禁止となった。当事者であるネルシーニョ・ピケは訴追免除、フェルナンド・アロンソは無関係として処分なしとなった。 ここでクラッシュゲート事件について簡単に説明すると、昨年のシンガポールGPでネルシーニョ・ピケが故意にクラッシュをして同僚のフェルナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/22 23:13
戦略で復活したブラウンGP
今晩はまずこの話題を避けるわけにはいかないでしょう。イチロー選手が前人未到の9年連続200安打を達成しました。もはやどう形容していいかわかりません。とにかく凄いし非常に素晴らしいです。ここまで来たらさらに大きな記録を作り上げていってもらいたいです。イチロー選手ならできる。そう思われる素晴らしい選手です。ともかくおめでとうございます。 さて本題のF1イタリアGP。アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァで行われましたが、1ストップ作戦を取ったバリチェロ、バトンのブラウンGP1−2フィニッシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/15 02:16
フィジコがもたらしたチームへの大きなプレゼント
F1ベルギーGPがスパ・フランコルシャンで行われました。スタートダッシュに成功したのは6番手スタートのライコネン(フェラーリ)。ポールスタートのフィジケラ(フォース・インディア)の後ろにつけますが、後方で多重クラッシュが発生し、セーフティーカーが入りました。なお、このクラッシュでポイントリーダーのバトン(ブラウンGP)は今季初リタイヤを喫します。 リスタート後、ライコネンが仕掛け、オールージュを抜けた先でフィジケラをオーバーテイク。2度のピットインを同時に行ったこの2台のマッチレースとなり、結... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/01 01:50
バリチェロ、中京大中京、久々の優勝
今晩はまず高校野球から。わが愛知代表の中京大学付属中京高等学校が実に43年ぶり7度目となる優勝を飾りました。中京ナインの皆さん、おめでとうございます。それにしても相手の日本文理も強かった。最後の追い上げは球史に残るのではないでしょうか。まるで私の内職が終わるまでは終わらせない、そんな感じがしてなりませんでした。中京大中京は中京商業時代以来の優勝で、中京高校時代は優勝してないんですよね。愛知県勢の優勝も中京商以来じゃないかな。春は東邦がしてるけど。できれば岐商(県岐商)と決勝を戦ってほしかった、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/25 00:22
シューマッハが帰ってくる
ここのところF1界で大きなニュースが入ってきてます。書く時間がなかったり、まとめ切れなかったのでここまで伸びてしまいましたが、やはり書こうと思います。 まずはBMWが今季限りで撤退をすること。非常に残念ですし、さびしいものがあります。撤退理由はよくわかりませんが、社として決めたこと。ファンであってもこれは黙ってみているしかありません。できればBMWザウバーだけは残してもらいたいです。つまりは売却すること。ホンダがロス・ブラウンに売却したように。 それから先のハンガリーGP予選中に大けがをした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/01 02:20
マッサよ、万全な状態で戻ってきて!
F1ハンガリーGPがブダペスト、ハンガロリンクで行われました。今回はいろいろなことがあってうまくまとめきれるかどうか… レースはポールスタートのアロンソ(ルノー)が最初のピットイン時に右フロントタイヤが完全に装着していない状態で出てしまい、挙句タイヤごと外れる、というチームの大失態で結果リタイヤ。先日F2で走行中にタイヤが頭部にぶつかってヘンリー・サーティースが亡くなっているだけに、けが人が出なくて本当によかったです。この件でルノーは次戦出場停止処分が下りました。 変わってトップに立ったのが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/28 00:31
ウェバーがついに来た!
F1ドイツGPがニュルブルクリンクで行われました。FIAとFOTAの抗争が再燃したさなかですが、レースは粛々と行われます。 今回の主役はレッドブルのマーク・ウェバー。初ポールからスタートしたもののバリチェロ(ブラウンGP)にぶつけてドライブスルーペナルティをくらいながら、結局彼の速さの前にはだれも追いつけず、念願の初優勝を飾りました。131戦目での初優勝は最遅記録だそうです。フィニッシュ後の彼の感情を爆発させたような喜びに、勝つことの大変さ、素晴らしさを改めて認識させてくれました。 2位には... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/14 04:04
F1分裂の危機回避
F1の分裂が回避されることになりました。正直言って分裂は不可避だと思っていたので驚きました。でもまあFIA、FOTA両者が強硬に反発して分裂することはモータースポーツにとって良くないことなのでこれでよかったと思います。 今回のことの発端であるバジェットキャップ制は撤回され、マックス・モズレーFIA会長は今期限りで引退することになりました。ただし、参戦コストについては1990年代初頭レベルまで2年以内に下げる事になったそうです。これはFOTAも了承したことなので多くは言いません。いかに低コストで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/26 01:06
どこへ行くF1
F1イギリスGPがシルバーストーンで行われました。今年で最後になるかもしれないシルバーストーン。F1発祥の地ですからさびしいものを感じます。 レースはポールスターとのベッテル(レッドブル)が独走、あっさり優勝を決め、今季2勝目を飾りました。ウェーバーも続きレッドブルの1-2フィニッシュ。レッドブルが主役の座をブラウンGPから完全に奪ったレースでした。3位にはそのブラウンGPのバリチェロ。以下、マッサ(フェラーリ)、ロズベルグ(ウィリアムズ)、バトン(ブラウンGP)、トゥルーリ(トヨタ)、ライコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/23 06:54
F1最大の危機を乗り切ってほしい
どうも私の目から見ると、F1が変な方向へ進もうとしているように思えてなりません。事の発端はFIAが各チームが使用できる予算の上限を決めるバジェットキャップ制を導入しようとしていること。先日来季のエントリーリストが公表されたが、そこには条件付きで参戦するというチームも含まれていました。その条件とは当然バジェットキャップ制導入の撤回。マックス・モズレーFIA会長は強気でいますが、私はF1崩壊の道を進んでいるように思えてならないのです。 私はこの制度に関しては、以前にも書いたとおり、反対の立場です。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/14 07:39
品質優先主義でいかなければ未来はない
昨晩はなぜか書こうとしても重たくて書くに至りませんでした。何があったんだろう…不思議だ… F1トルコGPがイスタンブールで行われましたが、オープニングラップでほぼ決まってしまいましたね。ポールスターとのベッテル(レッドブル)がオーバーランした隙に2番手スタートのバトン(ブラウンGP)が抜いてそのままフィニッシュ。以下、ウェーバー(レッドブル)、ベッテル、トゥルーリ(トヨタ)、ロズベルグ(ウィリアムズ)、マッサ(フェラーリ)、クビサ(BMW)、グロック(トヨタ)と入りました。バリチェロ(ブラウン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/10 00:19
バトン完勝!
F1モナコGPがモンテカルロ市街地コースで行われました。結果を言っちゃえばブラウンGPのバトンのポール・トゥ・ウィンだったわけですが、全く心配のない完璧な勝利でした。あんな走りをされたらだれもついてこれません。それぐらいの完勝でした。 2位には同じくブラウンGPのバリチェロ、3位にはフェラーリのライコネンが入ったのですが、バリチェロは前半スーパーソフトのタイヤで苦しみました。スタートダッシュで3番グリッドから2位に浮上したのが結果チャラになってもおかしくありませんでした。ライコネンのピット作業... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/25 23:24
FIAは各チームと話し合うべきだ
昨晩F1が危うい方向に進んでいる旨のことを書きましたが、事態はさらに深刻な方向に進んでいるようです。というのは、ルノーも予算制限が実施された場合、撤退する意志を表明したのです。これでこの件でF1撤退を表明したのはトヨタ、レッドブル、フェラーリ、ルノーの4チーム。これは非常に由々しき事態だと思います。 今年F1に参戦しているのは10チーム。来季から参戦しようとしているところもありますが、問題は撤退を表明した4チーム中3チームがエンジンも自前である、という点。今年F1でエンジン供給しているのはフェ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 0

2009/05/15 00:33
フェラーリのF1離脱を阻止せよ
どうもF1が非常に危うい方向に進んでいるようです。というのはスクーデリア・フェラーリが来季から導入予定の経費制限策に変更がなければF1から撤退する旨の発表をしたのです。フェラーリはF1開催当初から参戦している、いわばF1の象徴。それがF1から消える可能性があるのです。 こうした声明を出したのはトヨタ、レッドブルに続いてフェラーリで3チーム目。レッドブルが表明している、ということはトロ・ロッソもそれに続く可能性が高い。つまり、現10チーム中4チームがいなくなる計算になります。しかし事態はそんなこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/13 23:25
フェラーリよ、しっかりしろ!
本題に入る前にまず、小沢一郎の件について書きます。私から言わせれば何をいまさら、ですね。これが議員辞職ならまだ評価しますが、代表辞任だけなんて評価にも値しませんよ。公設秘書逮捕の重みをもっと真摯に受け止めるべきです。所詮は選挙対策にすぎません。選挙に勝つことが目的であり、国民の生活を良くすることが目的ではないんです。これが民主党の考えそのものなんですよ。 さて、F1スペイングランプリがカタロニアで行われました。スタートダッシュを決めたのはバリチェロでしたが、ピット戦略でバトンが優勝、バリチェロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/11 23:30
F1がまた大きなレギュレーション変更
今日はわが永遠のベストドライバー、アイルトン・セナの命日です。1994年、イタリアの病院で亡くなってからもう15年が経ちました。時が流れるのは本当に早いな、と感じます。あの悪夢の週末以降、F1では死者が出ていません。アイルトンの死が与えた教訓がいかに大きかったかがうかがえます。何せワールドチャンピオンがF1で事故死したのはアイルトンしかいませんから。 そのF1、来季から再びレース中の給油が禁止されることになりました。個人的にはずっと給油反対だったので、遅すぎる、というか、なんで給油を可にしたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/01 21:52
バトン快勝、今季3勝目
F1バーレーンGPがバーレーンインターナショナルサーキットで行われました。 予選ではトヨタが最後に速さを見せ、チーム初のフロントロー独占を果たしましたが、その速さはまだまだのようでした。結果はブラウンGPのバトンが優勝、今季3勝目を果たしました。2位には全レース優勝のレッドブルのベッテル、ポールシッターのトゥルーリが3位に入りました。以下、ハミルトン(マクラーレン)、バリチェロ(ブラウンGP)、ライコネン(フェラーリ)、グロック(トヨタ)、アロンソ(ルノー)という順に入りました。なお、ウィリア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/28 01:08
レッドブル独壇場で歓喜の初優勝
F1中国GPが上海インターナショナルサーキットで行われました。雨の中、セーフティーカー導入でのスタートとなり、結構スピンした車が出ましたが、ポールスタートのベッテルが素晴らしい走りを見せ、昨年イタリアGP以来となる2勝目を挙げました。2位にはウェーバーが入り、レッドブルは初優勝を1−2フィニッシュで飾りました。3連勝を目指したバトンは3位、4位にはバリチェロが入りブラウン勢が3−4、5位と6位にはコバライネン、ハミルトンのマクラーレン勢が入りました。7位にはグロック(トヨタ)、8位にはブエミ(ト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/20 22:40
雨に翻弄されたシンガポールGP
F1マレーシアGPがクアラルンプールのセパン・インターナショナル・サーキットで行われました。結果を言ってしまえばブラウンGPのバトンが2戦連続ポール・トゥ・ウィンを飾ったわけですが、戦略も何もあったもんじゃないレースでした。完全に天候に翻弄されたレースでした。 スタート時から雨が降ることが予測されていたのですが、現地の天候の傾向から一気に雨が降ってくる、と予測しがちで、実際そのように各チーム対応したのですが、雨はまずぽつぽつと振り、しばらくは本降りになりませんでした。そのため、ほとんどのドライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/07 01:40
ブラウンGPが見せた歴史的快挙
2009年F1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPが昨日メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われました。本当は昨晩書ければよかったのですが、昨日は競馬や大相撲を見ており、さらに今朝見始めたはいいものの朝風呂のせいか途中で寝てしまい、デイケアから帰ってきた今日の夕方に見たのでこのタイミングになってしまいました。 結果からいえばホンダから引き継いだブラウンGPがデビュー戦でフロントローからの1−2フィニッシュという歴史的快挙が達成されました。まずバトン。ポールから完璧なレース運びでした。初... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/30 22:43
何やってんだかFIAは
先日優勝回数でチャンピオンを決める、と発表されたF1ですが、1年延期されることになったそうです。開幕1週間前にしてのこのドタバタぶりは何やってんだか、とあきれてしまいます。 私の考えは先日も書いたとおり、その時々の条件に適合したドライバーがチャンピオンにふさわしい、というものであり、別にポイント制でも優勝回数でもメダル制でも、かつての有効ポイント制でもいいのです。重要なことですが、それに見合った走りをすればいいわけですから。ただ、今回の場合は決定があまりにも遅すぎました。こんな事は遅くとも1月... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/21 23:08
F1始まって以来の大変革
やぁーーーーーっっっと追いつきましたぁぁぁ!なにが、というと、録画していたアニメを見るのがです。昨年末から遅れていて、年末のマリみて一挙放送もあり、ずーーーーっっと放送ペースから遅れていたんです。最大の遅れは約1ヶ月。コミケやサンクリ、帰省もあってたまっていたものを約3カ月でようやく吐き出しました。これでようやくコミケやサンクリの新刊が読める!いやはや、長い闘いでした。 それはさておき、今年も今月末にF1が開幕します。ホンダの撤退、ロス・ブラウンへの売却、といったことがあり、F1も世界不況の波... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/18 23:15
ホンダ決断の時迫る
ホンダがF1から撤退を表明してからしばらくたち、今年のF1開幕が約1ヶ月後になりました。しかし、ホンダF1の売却先はいまだ決まっていません。ホンダサイドの言い分は、オファーはあるが真剣な買い手がまだ見つかってない、とのこと。ホンダの考えはおそらくF1に真剣に取り組んでくれる所に買ってもらいたい、というところでしょう。それは正論だと思いますし実際そうなってほしいです。しかしこの時期まで来たらそうも言っていられないのではないでしょうか。 最悪のシナリオは売却先が見つからずにこのままチームが解散する... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/02/23 23:38
メダル制にした場合のチャンピオンシップの変化
FIAが、というよりバーニー・エクレストンがF1にメダル制を導入しようとしていることはファンならご存知のことと思います。その真意やチャンピオンシップに与える影響はわかりませんが、私はその時のレギュレーションでの結果がすべてだと思うので、深くは考えません。その時代に合った強さを身につけたドライバーがチャンピオンになるのですから。 そんな中、FIAが過去にメダル制を採用した時のチャンピオンが誰になるのかをシミュレートしたようです。このこと自体に意味はないと思いますが、まあ参考にはなるかな、と思いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/02 22:52
ホンダF1から撤退
本田技研工業が4輪モータースポーツの最高峰フォーミュラ1からの撤退を決断、発表しました。原因は世界的規模で起きている金融危機、ということですが、持ちこたえるだけの体力がホンダにはなかった、ということなのでしょう。 ホンダがフル体制で参戦していたのは今回までで2度になります。1度目は2勝し、60年代後半という時代背景を考えると奇跡と言っていいでしょう。ホンダがF1に関わった2度目はエンジンサプライヤーとして。ウィリアムズ、マクラーレンなどと組み、大黄金期を築きました。その真ん中にいたのがピケ、マ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/05 23:20
最後の最後でハミルトンがチャンピオンに
F1第18戦ブラジルGPがサンパウロ郊外インテルラゴスで行われました。感想の前に中国GP終了時点でのチャンピオンシップについて整理します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/04 04:59
ハミルトン完勝でタイトルに王手
息詰まる投手戦。決め手を欠く両軍。そしてタイロンの一発。その瞬間吼えました!セ・リーグクライマックスシリーズ第1ステージ第3戦で我がドラゴンズが勝ち、ジャイアンツへの挑戦権を手にしました。苦しかった分嬉しかったです。でも敗れたタイガースも強かった。こうなったらドラゴンズにはタイガースのためにもジャイアンツを倒して日本シリーズに行ってもらいたいです。 とまあ前置きはこれぐらいにして、F1中国GPが上海で行われました。ポールからスタートしたハミルトン(マクラーレン)が難なく優勝しました。マッサとラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/21 02:28
スタートの混乱を避けたアロンソが連勝
F1第16戦フジテレビジョン日本GPの決勝レースが富士スピードウェイで行われました。去年とはうって変わって完全ドライ状態でのレースとなりました。 スタートはライコネン(フェラーリ)が決めるもポールシッターのハミルトン(マクラーレン)がインをつきます。ただ止まりきれず両者とマッサ(フェラーリ)は順位を落とします。さらにマッサとハミルトンが激しいバトルの末接触。ハミルトンは大きく順位を落とします。なお、この2件でハミルトンとマッサにドライブするーペナルティが与えられました。 この混乱の中、トップ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/13 03:49
接戦の日本GP予選
金曜日から始まったF1第16戦フジテレビジョン日本GP。昨日その予選が行われました。 まず金曜日のフリープラクティスでは午前のセッションではハミルトン(マクラーレン)が唯一1分18秒台を出してトップ。午後のセッションでは13台のマシンが18秒台をたたき出す中、グロック(トヨタ)がトップで終えました。昨日のフリープラクティスはウェットコンディションの中、クビサ(BMW)がトップでした。しかし、25秒台が12台とこれまた接戦。午後の予選も接戦が予想されました。 まずQ1。路面状況は所々でウェット... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 00:09
セーフティーカーが勝負を分けたシンガポールGP
F1第15戦シンガポールGPが昨晩行われました。F1史上初のナイトレースであり、かつインディ500がF1に含まれていた時代のインディ500を含めると800戦目の記念すべきレースであります。 レースはポールシッターのマッサ(フェラーリ)が先行、ハミルトン(マクラーレン)が追う展開になります。14周目、ピケ(ルノー)のクラッシュでセーフティーカーが導入されます。ピットオープンまで時間がかかり、ロズベルグ(ウィリアムズ)とクビサ(BMW)が燃料切れでペナルティ覚悟のピットインをします。ピットオープン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 00:45
ベッテル、トロ・ロッソ完璧なレースで歓喜の初優勝
F1第14戦イタリアGPがモンツァで行われました。今年のモンツァはグランプリウィーク中ウェットコンディションでなかなか難しいものがありました。まず予選でハミルトン(マクラーレン)、ライコネン(フェラーリ)、クビサ(BMW)のポイントランキングトップ4のうち3人までもがQ2落ち。ポールシッターになったのは史上最年少でベッテル(トロ・ロッソ)というものでした。チームにとっても初ポールです。 レースはセーフティーカー導入でスタートをし、セーフティーカーが出た3周目からバトルが始まりました。ここでもベ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/16 04:11
スパウェザーを制したのは
F1第13戦ベルギーGPがスパ−フランコルシャンで行われました。 レースはソフトタイヤをつけた前半はライコネン(フェラーリ)が先行し、ハードタイヤをつけた終盤はハミルトン(マクラーレン)が追い上げる展開になりました。しかも雨が降り始め、ラスト5周、雨足が強くなり、両者は激しいバトルを演じ、ハミルトンはついにライコネンをオーバーテイクします。ラスト2周、両者スピンする中激しい攻防を繰り広げますが、ライコネンがクラッシュし決着がつき、そのままハミルトンがトップでチェッカーを受けます。2番手にはマッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/09 06:07
マッサ完勝
F1第12戦ヨーロッパGPがスペインのバレンシアで行われました。F1初開催となるコースです。 レースは終始マッサ(フェラーリ)がリードします。次いでハミルトン(マクラーレン)、クビサ(BMW)と続きます。結局マッサが2度目のピットアウト時にスーティル(フォース・インディア)に接触しかけた事以外全くのトラブルなしでチェッカーを受けます。ハミルトン、クビサも同様にチェッカーを受けました。その一方でライコネン(フェラーリ)はピットインしたときに給油ノズルが抜けていない状態でスタートサインを受けてメカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/26 05:33
コバライネン念願の初優勝
本題に入る前にひとつ。ある意味松本サリン事件最大の被害者である河野義行さんの妻、澄子さんが亡くなられました。松本サリン事件から14年、ずっと意識不明ながら本当によく生きてこられたと思います。その間ずっと看病にあたられていた義行さんや治療に全力をつくされた医療スタッフの方たちも本当によくやったと思います。皆様、本当にお疲れ様でした。そして澄子さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/06 02:43
作戦ミスをカバーしたハミルトン
F1ドイツGPがホッケンハイムで行われました。 レースはポールスタートのハミルトン(マクラーレン)が順調にラップを重ねます。レースが大きく動いたのは36周目。グロック(トヨタ)がクラッシュしてセーフティーカーが入ってからでした。その直前にピケ(ルノー)がピットインし、1ストップ作戦に出ます。ピットレーンオープン後、各マシンがピットインする中、ハミルトンはそのまま走行します。レース再開後、上位にいたハミルトンとハイドフェルド(BMW)がピットインし、ピケがトップに躍り出ます。しかし、ハミルトンが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 03:58
雨に振り回されたイギリスGP
F1第9戦イギリスGPがシルバーストーンサーキットで行われました。 まずはレース回顧前に残念なことについて書かなくてはなりません。セナ亡き後、ウィリアムズのシートを手にし、今日まで頑張ってきたデビッド・クルサードが今季限りでの引退を発表しました。セナ亡き後のウィリアムズでデーモン・ヒルを上回るような走りを見せたこともあったり、マクラーレン復活の勝利を収めたクルサード。タイトルには手が届きませんでしたが、今まで本当によく走ってくれました。残り少ないレースでもうひと輝きを見せてほしいですね。 さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/08 01:18
フェラーリ今季3度目の1-2!
F1フランスGPがマニ・クールで行われました。 スタートはトゥルーリ(トヨタ)がよく、3番手につけました。フロントローからスタートのライコネン、マッサのフェラーリ勢は順調にラップを重ねますが、エキゾーストパイプが破損したライコネンのペースが落ち、マッサがトップに躍り出ます。終盤、トゥルーリ、コバライネン(マクラーレン)、クビサ(BMW)が表彰台をかけたバトルが見られましたが、トップ2台は変わらず、結局、マッサが優勝、ライコネンが2位にはいりました。3位争いを制したのはトゥルーリ、以下、コバライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/24 08:35
クビサ歓喜の初優勝!
F1第7戦カナダGPがモントリオールで行われました。アメリカGPがなくなり北米唯一のGPです。サーキットの名前にもなっている英雄ジル・ヴィルヌーブに愛でされし者は今年は誰でしょうか。 レースはセーフティーカー導入で大混乱しました。ピットレーンオープンと同時に一斉にマシンがピットインしました。事故が起こらなければいいが、と思っていましたら、残念なことに事故がおきてしまいました。ピット出口が赤信号で止まっていたライコネン(フェラーリ)にポールスタートのハミルトン(マクラーレン)が追突、さらにはロズ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 00:32
モナコ×ウェット→ドライ=難レース
F1モナコGPがモンテカルロで行われました。F1の中でも最も格調が高く、ここでの1勝は他での3勝分に相当する、とさえ言われています。 ウェットコンディションで始まったレースはまずハミルトン(マクラーレン)がライコネン(フェラーリ)をかわします。しかしガードレールに接触して緊急のタイヤ交換を強いられ順位を落とします。そのほかにもポールスタートのマッサ(フェラーリ)がオーバーランしたりするなど、ウェットならではのアクシデントが続出します。マッサは路面が乾いてきたときのピット作業で手間取り順位を落と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 06:01
80年代以降のモナコマイスターたち:第3回ミハエル・シューマッハ
大相撲夏場所は琴欧洲が見事な相撲で勝ち、初優勝を飾りました。来場所は綱とりとなるわけですが、今場所の経験を生かしてもらいたいですね。詳しくは明晩場所の総括として書こうと思います。 さて、モナコGP企画の最終回、ミハエル・シューマッハのモナコGPについて書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/25 05:36
80年代以降のモナコマイスターたち:第2回アイルトン・セナ
F1モナコGPは例年通り木曜日に開幕、昨日は休みの日でした。もっとも休みといってもパーティーが開かれているはずですが。そして今日から本格的に動きます。今年のモナコはどうなるでしょうか。 さて、モナコGP企画第2回は、アイルトン・セナのモナコGPを書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/24 04:50
80年代以降のモナコマイスターたち:第1回アラン・プロスト
今年もF1モナコGPの季節がやってきました。去年は日本ダービーとのコラボ企画をやりましたが、今年は80年代以降のモナコマイスターに焦点を当てた企画を3回やろうと思います。 80年代以降のモナコマイスターといえば、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハが挙げられると思います。今晩はまず、アラン・プロストについて書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/21 00:38
マッサ3年連続トルコGPポール・トゥ・ウィン!
F1トルコGPがトルコの古都、イスタンブールで行われました。先日書いたとおりSUPER AGURIが撤退したため、このGPから10チーム20人のドライバーで競われることになりました。小さいながら頑張ってきたSUPER AGURIがいなくなったのはやはり寂しいものがありますね。 レースはポールスタートのマッサ(フェラーリ)がスタートダッシュに成功、ハミルトン(マクラーレン)が続きますが、フィジケラ(フォース・インディア)が中嶋(ウィリアムズ)に追突しセーフティーカーが導入される展開に。レース再開... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/12 23:56
SUPER AGURIの夢散る
昨日実家から戻ってきました。戻ってきてからは今までたまっていた新聞やアニメを見たりして過ごしました。 今晩は正直言ってこのタイミングで書こうか悩みましたが、やはり書くべきだ、と思ったので、帰宅早々残念な話題ではありますが書かせていただきます。 昨年終盤から資金繰りが難航していたSUPER AGURIがF1からの撤退を表明しました。小さなプライベートチームでしたが、本当によく頑張りました。しかし、昨年からの資金不足の問題が解決せず、ついに苦渋の選択をしたわけです。 思えばSUPER AGUR... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 03:39
今年も来た5月1日
今年もこの日がやってきました。5月1日。わが最愛のレーシングドライバー、アイルトン・セナ・ダ・シルバの命日です。1994年のあの日からもう14年経ったのですね。20代中盤だった私ももうアイルトンの亡くなった年齢をとうに超えてしまっています。月日が経つのは早いです。 アイルトンとF1で走ったことのある現役F1パイロットももうルーベンス・バリチェロしかいなくなってしまいました。そのバリチェロは先日のスペインGPで通算出走回数で歴代1位タイになりました。あのミハエル・シューマッハでさえ及ばなかったリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/01 23:20
フェラーリ2戦連続1-2フィニッシュ!
F1第4戦スペインGPがバルセロナで行われました。05・06年チャンピオン、アロンソの母国GPであり、今年もアロンソの活躍見たさにファンが集まりました。 そのアロンソ、予選で見せてくれました。今季最高の2位に入り、ライコネンと現役チャンピオンがフロントローを分け合ったのです。レースはフェラーリが速さを見せつけ、結局ライコネンがポール・トゥ・フィニッシュを、マッサが2位に入り2戦連続で1-2フィニッシュを決めました。3位にはハミルトン(マクラーレン)、以下、クビサ(BMW)、ウェーバー(レッドブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 00:07
フェラーリ今季初の1−2フィニッシュ
F1第3戦バーレーンGPがバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われました。まず予選ではBMWのクビサが初めてポールポジションを獲得しました。これはBMWにとっても初のポールです。 レースはセカンドローのハミルトン(マクラーレン)が大きく出遅れます。一方、クビサはスタートでマッサ(フェラーリ)に抜かれ、3週目にはライコネン(フェラーリ)にも前に出られます。マッサはこれまでリタイヤ続きだった結果を取り戻すような走りを見せ、そのままトップでチェッカーを受けます。ライコネンも順調にラップを重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 06:42
開幕2戦で見えてきたもの
F1第2戦マレーシアGPがクアラルンプールのセパン・インターナショナルサーキットで行われました。灼熱の地でのレースはドライバー、マシンともに過酷なものになります。 レースはフロントローからスタートのフェラーリ勢が引き離していきます。ピット戦略をうまく活用したのはライコネン。ポールスタートのマッサを交わしトップに躍り出ます。そしてマッサはスピンしコースアウト。そのままリタイヤします。結局ライコネンがトップでチェッカーを受け、今季初勝利を挙げました。以下、クビサ(BMW)、コバライネン(マクラーレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/25 03:40
笑うマクラーレン、泣くフェラーリ
2008年F1世界選手権第1戦オーストラリアGPがメルボルンのアルバートパークサーキットで行われました。一部公道が使われるコースです。 レースはいきなりクラッシュの嵐でセーフティーカーが入りました。結局セーフティーカーが3回入る荒れた展開でチェッカーを受けたのが6台、完走扱いが8台という結果でした。勝ったのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。ポールポジションから安定した速さを見せつけ開幕戦を制しました。2位にはハイドフェルド(BMW)、3位には自身初表彰台となるロズベルグ(ウィリアムズ)が入り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/17 06:19
F1を知るきっかけ
私にとっては長くも楽しい時期がやってきました。一昨日、メルボルンで今シーズンのF1世界選手権が開幕したのです。昨日はその公式予選が行われました。今年もレースの感想を書いていきます。 今晩は私がF1を知るきっかけについて書こうと思います。そもそもの発端は私が自動車好きになったことがきっかけでした。これが1986年の事。雑誌とか買って読んでいました。その中でF1の存在を知ったのです。ちょうどその頃、中嶋悟さんが87年からF1にフル参戦することが決まったのです。そうしたこともあって、徐々にF1に興味... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/16 04:14
F1エントリーチーム出揃う
SUPER AGURIの参戦確定で今年F1に出走する面々が確定しました。いろいろと苦労があったようですが、とりあえずほっとしています。 今年のF1参加チーム、ドライバーは以下のとおりになります。 【Scuderia Ferrari Marlboro】1 Kimi Räikkönen、2 Felipe Massa 【BMW Sauber F1 Team】3 Nick Heidfeld、4 Robert Kubica 【ING Renault F1 Team】5 Fern... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/11 04:52
中嶋一貴、ウィリアムズのレギュラードライバーに
今季最終戦のブラジルGPで引退したA.ブルツに変わってウィリアムズ・トヨタからデビューした中嶋一貴選手が来シーズン、ウィリアムズのレギュラードライバーになることが決まりました。日本のF1ファンにとっては非常に嬉しい話題です。 これまで日本人でフル参戦したドライバーは、 ・中嶋悟:1987〜1989ロータス、1990〜1991ティレル  日本人初のフル参戦ドライバー。1989年オーストラリアGPでは日本人唯一のファステストラップを記録。一貴の父。 ・鈴木亜久里:1988ローラ、1989ザク... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/11/08 02:02
2008年F1カレンダー確定
2007年のF1はキミ・ライコネンの劇的な大逆転ワールドチャンピオン決定で幕を閉じましたが、2008年のF1カレンダーが確定したようです。それによると、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/26 00:21
とてつもない展開に感動したブラジルGP
今年のF1最終戦ブラジルGPが昨晩サンパウロ郊外インテルラゴスのアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェで行われました。 ブラジルGPの感想の前に、第16戦終了時点でのチャンピオンの可能性のあるドライバーのポイントとチャンピオンになるための条件を整理します。 【ドライバーズポイント】 1位:ルイス・ハミルトン(イギリス:ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)107ポイント 2位:フェルナンド・アロンソ(スペイン:ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス)103ポイント 3位:キミ・ライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/10/23 02:55
チャンピオン争いは21年ぶりの大接戦に
F1第16戦中国GPが一昨日上海で行われました。今年で4回目の開催となります。 レースはポールスタートのハミルトンがリードを広げます。しかし路面が乾いていくとみるみるうちにライコネンとの差が縮まり、ついに29周目にライコネンがトップに躍り出ます。ハミルトンは31周の終わりにピットに向かいますがピットロードでグラベルにつっこみ身動きが取れなくなります。結局F1参戦後初のリタイヤを喫することになりました。これはハミルトンのミスです。グラベルにつっこんだことよりもタイヤ交換の時期を遅らせたことのほう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/09 01:27
史上初のルーキーチャンピオンに王手!
F1世界選手権第15戦フジテレビ日本GPが13:30〜静岡県小山町の富士スピードウェイで行われました。去年までの鈴鹿に変わっての開催で、富士では30年ぶりのF1開催になります。富士と鈴鹿をF1決勝で走ったドライバーはこれまでリカルド・パトレーゼしかいませんでした。今日、30年ぶりに富士の歴史が動き出したのです。 レースは雨のため、セーフティーカー先導でスタートしました。ところがフェラーリ勢が装着したタイヤを誤り(エクストリームウェザー装着が義務付けられていたのだが通常のウェットを装着)ピットイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/30 22:49
日本GP予選とパ・リーグペナントレース決着
F1日本GP2日目の昨日はフリー走行3と予選が行われました。が、フリー走行3は雨と霧のためセッション開始が遅れた上雨のためほとんどのマシンがタイム計測ならず、ついに11時53分に中止が決定になりました。 予選ではフリー走行が中止になったこともありQ1では各車早めにタイムアタックを行います。路面状況は各車周回を重ねるごとによくなっていき次々とタイムが更新されていきます。アロンソ(マクラーレン)、マッサ(フェラーリ)、ライコネン(フェラーリ)はQ2進出確実なタイムを出す中ハミルトン(マクラーレン)... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2007/09/30 01:58
2年ぶりの映画鑑賞
F1日本GPが開幕しました。初日の昨日はフリー走行が2度行われました。1度目はライコネン、マッサ、アロンソ、ハミルトンの順でこの4台が1分19秒台を出しました。2度目はハミルトン、アロンソ、マッサ、トゥルーリ、ライコネンの順。マクラーレンの2台が18秒台をたたき出し9番手のラルフまでが19秒台でした。やはりマクラーレンとフェラーリは速いですね。今日は予選が行われます。どうなるか見ものです。 さて昨日は久々に名古屋に行きました。目的は映画鑑賞と買い物。映画は2年ぶりです。 今回観たのは「劇場版... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/09/29 02:05
過去の日本GPを振り返って…98年、05年
月曜日から始めた日本GP懐古企画。今晩は1998年と2005年について書きます。 98年は前年の最終戦で初優勝を果たしたミカ・ハッキネン(ウエスト・マクラーレン・メルセデス)が先行、3年ぶり3度目のタイトルを狙うミハエル・シューマッハ(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)があとを追いかけ、イタリアGPでついに両者が並ぶ展開となりました。ルクセンブルクGPでミカが優勝し初タイトルに王手をかけますがミハエルも2位に入り、最終戦日本GPで全ての決着がつくという状況になりました。日本GP予選はミハエ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/28 00:57
過去の日本GPを振り返って…91年
福田(康)内閣が始動しました。田中真紀子がなんか言ってるようですが、あんな人格破綻ババアの言うことなんか気にせず国を導いてほしいものです。あれはワイドショー型議員の典型です。注目は集めても中身はこれっぽっちもありません。無視していい存在です。 そんなことはともかく、今晩は91年の日本GPについて。 前年に続いて現地で観戦したわけですが、違う点がひとつ。前年は自由席でしたが91年は指定席での観戦でした。 10月19日、前年と同様、名鉄で名古屋まで出、近鉄特急で白子に行き、バスでサーキットまで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/26 23:24
過去の日本GPを振り返って…90年
福田康夫氏が第91代内閣総理大臣になりました。それに先立ち安倍内閣が総辞職しました。安倍内閣を振り返ると多くの法案を通し細かく見ていくとそれなりに実績を残しているのですが、強引に見えた議会運営と閣僚に足を引っ張られたこと、そして決断の遅さで全て台無しになってしまった感じがします。これはある意味2年前の衆院選で大勝したことで自民党内に驕りがあったからでしょう。志半ばにして退陣に追い込まれた安倍前首相、まずは療養に努めてじっくりと体を治してほしいですね。 さて、今晩は私が初めて観たレース、90年の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/09/26 00:38
過去の日本GPを振り返って…89年、94年
今日、第91代内閣総理大臣が誕生します。まず間違いなく第22代自由民主党総裁福田康夫氏が就任することになりますが、混乱した国政を早急に立て直してもらいたいです。 それに先立ち、安倍晋三第90代内閣総理大臣が慶應義塾大学病院で記者会見を行い、辞職の理由が体調の悪化であることを明かしました。辞意を表明した時にも書きましたが、それは決して恥ずかしいことではありません。であるが故に昨日までそれを明らかにしなかったのは非常に残念でなりません。今はじっくり養生されて体調の回復に努めてもらいたいです。 さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/25 00:15
スパイ疑惑でほぼ決まってしまったコンストラクターズチャンピオン
F1世界選手権第14戦ベルギーGPの決勝が昨晩スパ・フランコルシャンで行われました。場所によって天候が異なるスパ・ウェザー、壁のように立ちふさがるオー・ルージュが有名の名物コースです。また、M.シューマッハのデビュー、初優勝の地としても知られています。 レースの感想の前にどうしても触れておかなければならないことがあります。今シーズン1番の負の話題であるマクラーレンのスパイ疑惑について結論が出ました。結果クロと判断され、マクラーレンの今季の全コンストラクターズポイント剥奪と1億ドルの罰金が課され... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/09/18 00:16
チャンピオン争いは2人の大接戦に
F1世界選手権第13戦イタリアGPが昨晩アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァで行われました。1950年に始まったF1において毎年行われているのはイギリスGPとイタリアGPですが、モンツァは1980年を除いて毎年開催されている最多開催コースです。ちなみに1980年のイタリアGPは後にサンマリノGPの開催地になったイモラで開催されています。昨年はこのモンツァでM.シューマッハが引退を表明しました。過去にはA.セナのマクラーレン入り、A.プロストのフェラーリ入りもモンツァで発表されました。ス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/09/11 01:32
思い出の地イスタンブールでマッサが魅せた!
F1第12戦トルコGPは昨晩トルコの古都イスタンブールで決勝が行われました。フェラーリのフェリペ・マッサが完璧な走りを見せ今季3勝目を2年連続のポール・トゥ・フィニッシュで飾った。マッサにとってイスタンブールは初ポール、初優勝の地でもあるので、忘れられない場所になったことは間違いないだろう。2位にはキミ・ライコネンが入り、フェラーリにとっては今季2度目の1−2フィニッシュとなった。なお、ライコネンは終盤に通算24回目(現役最多)のファステスト・ラップをマークしています。3位にはこのレースが100... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/28 00:19
コメンダトーレの命日
今日は世界中のモータースポーツファンにとって特別な日ではないでしょうか。今日はコメンダトーレとも呼ばれたフェラーリの創始者、エンツォ・フェラーリの命日に当たります。1988年の今日、90歳の生涯を閉じたのです。 エンツォとモータースポーツとのつながりはレーシングドライバーから始まりました。フィアットから断られアルファ・ロメオのドライバーとして活躍し、レーシングドライバー引退後の1929年にスクーデリア・フェラーリを設立、アルファ・ロメオのセミワークスとして活動したあと、1947年に自社製レーシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/08/14 23:42
マクラーレンよ、何をしている!
F1ハンガリーGPはブダペスト近郊のハンガロリンクで行われ、ハミルトンが優勝、2位にライコネン、3位にハイドフェルドが入った。チャンピオンシップ2位のアロンソは4位、マッサは今回全く奮わず13位に終わりました。また、このレースでスパイカーから復帰した山本左近はアクシデントで早々に戦列を離れました。この結果、ドライバーズランキングはハミルトン80ポイント、アロンソ73ポイント、ライコネン60ポイント、マッサ59ポイントとなりました。 今回のGPはどうしても予選Q3での出来事を書かないわけにはいき... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/07 00:08
雨に翻弄されたヨーロッパGP
F1ヨーロッパGPが昨晩ドイツ・ニュルブルクリンクで行われました。ホッケンハイムリンクでのドイツGPが行われない今年、事実上のドイツGPになるわけですが、なぜドイツではなくヨーロッパの名が与えられたのかはわかりません。国名を冠するべきだと思うのは私だけでしょうか。 それはともかく、レースは序盤と終盤の2度にわたる雨で大混乱します。特に序盤の雨は豪雨でセーフティーカーが導入されたもののそれすらまともに走れないような状況になり赤旗が出されました。ライコネンがピット入り口でピットロードをはずれコース... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/24 03:05
キミが輝きを取り戻した!
F1イギリスGPが昨晩シルバーストーンで行われ、フェラーリのキミ・ライコネンが見事なピットワーク、見事なスピードでフランスGPに続いて連勝を果たしました。2位、3位はアロンソとハミルトンのマクラーレン勢が入り着実にポイントを重ねました。4位には2戦連続でクビサ、マッサはスタート直前でのトラブルが最後まで響き5位に。この結果、ポイントではハミルトンが70、アロンソが58、ライコネンが52、マッサが51となり、2〜4位が混戦になってきました。 今回は決勝より予選がすごかったですね。最後に4強が一斉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 02:55
王者への道を悠然と進むハミルトン
F1がヨーロッパに帰ってきました。第8戦フランスGPがマニクールで行われ、最近マクラーレンにいいところをもってかれっぱなしだったフェラーリが今季初の1−2を決めました。勝ったのはキミ・ライコネン。開幕戦以来となる通算11勝目を飾りました。ポールからスタートしたマッサが2位。ポイントリーダーのハミルトンが3位に入り、デビュー以来の連続表彰台記録を8に伸ばしました。ディフェンディングチャンピオンのアロンソは今回ついてなかったですね。予選Q3ではマシントラブルでタイムアタックができず10位に沈みました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/03 01:26
ハミルトン連勝に王者アロンソは何を思う
F1アメリカGP決勝が昨晩アメリカモータースポーツの聖地、インディアナポリス・モータースピードウェイで行われました。結果はルイス・ハミルトンが2戦連続でポール・トゥ・フィニッシュ。連勝で見事にデビュー以来続けている連続表彰台記録を7に伸ばしました。2位にはアロンソが入り、マクラーレン勢の1−2フィニッシュとなりました。一方、フェラーリはマッサが3位、ライコネンが4位という結果。現時点ではマクラーレンに一歩遅れをとっている、という印象が強くなりました。 今回のレースはなんと言ってもマクラーレン勢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 01:10
政治が庶民感覚からはなれていはしないか
カナダGPでのクビサのクラッシュ。医師の目から見るともう終わった、と諦める様な状況だったそうです。結果は御存知のとおり軽い脳震盪と足首捻挫という信じられないような軽症ですみましたが、これが1994年以前であったらまずダメだったでしょう。それよりもこの事故を見て比較的楽観的に見ていた自分の神経が恐ろしくなりました。知らず知らずの内に根拠のないF1安全神話に毒されていた自分が信じられません。それも1994年の悪夢の週末をリアルタイムで見ていながらです。これは本当に猛省しなければならないことだ、と思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/15 00:37
F1は新時代の幕が開いたのかもしれない
いずれこの日がくるとは思っていた。それも今年中に来るとも。そしていざその日が来るとリアルタイムで見れた喜びはやっぱり大きいものです。 F1カナダGPでマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンが見事なポール・トゥ・フィニッシュを決め初ポールから初優勝を飾りました。このカナダGP、まさにハミルトンのためにあったレース、といっても過言ではありません。度重なるセーフティーカー導入でレースは混乱します。その犠牲になったのがフィジケラとマッサ。セーフティカー導入中にピットレーン出口の赤信号を無視したと... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/12 05:09
歴史的快挙に手が届きかけたハミルトン
昨晩は2つの驚愕すべきニュースが飛び込んできたため、当初書きたかったことがかけませんでした。そういったことはままあるのですが、やっぱり昨晩のようなことはおきてほしくないものです。 さて、今晩は昨晩かけなかったF1モナコGPの感想を書きます。結果は御存知の方も多いと思いますが、マクラーレン勢の1−2フィニッシュでした。フェラーリ勢はマッサが3位にはいったものの予選で失敗したライコネンは8位にはいるのがやっと。昨年のシューマッハの再現とはならず、チャンピオン争いでライコネンは苦境に立たされることに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/29 23:23
思い出のダービー、思い出のモナコGPB
第69代横綱白鵬翔誕生が確実になりました。大相撲夏場所14日目、大関白鵬が千代大海を寄り切りで破り2場所連続3回目の優勝を飾ったのです。今場所の総括はまた後日やるとして、とりあえず朝青龍単独時代は終わりを告げそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/26 23:43
思い出のダービー、思い出のモナコGPA
今日は復職面談で会社に行きました。結論を言うと復職はかないませんでした。これについてはいろいろ書きたいことがあるので、機会があれば書きたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/05/25 23:34
思い出のダービー、思い出のモナコGP
F1モナコGPが開幕し、東京優駿(日本ダービー)の枠順が確定しました。そこで今晩から少しの間、思い出のダービー、思い出のモナコGPを書きたいと思います。(予定なので実際は今晩だけになってしまうかもしれませんが、その時は御容赦願います) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/05/25 00:53
スーパーオトメの息子が初勝利!
皆さんはスーパーオトメという競走馬を覚えていらっしゃるでしょうか。1996年、大井競馬場から逃走、首都高速道路を走り、それがデビュー前だったことからデビュー前に一走した、と話題になった競走馬です。競走馬としては21戦1勝の成績を収め繁殖入りしていたのですが、その息子が荒尾競馬で初勝利を収めたそうです。 名前がまた面白くハシルコウソクドウ。母親であるスーパーオトメの逸話から取ったと思われます。デビュー10戦目でめでたく初勝利を収めたわけですが、これで話題だけの競走馬にならずに済んだことになります... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/23 23:51
SUPER AGURIが成し遂げた快挙
ヨーロッパラウンドの開幕戦となるF1スペイングランプリ。チャンピオン候補の一角、ライコネンがリタイヤするなど波乱に満ちたレースだったが、終わってみれば表彰台はライコネン以外のチャンピオン候補が占める、と言う結果に終わりました。中でもハミルトンはデビュー以来4戦連続表彰台でついにチャンピオン争いでトップに。未勝利ながらこれはすごいことです。まだチャンピオンシップは序盤戦ですが、ハミルトンが優秀なドライバーであることを再確認させられた思いです。 そんなスペイングランプリでしたが、ついにSUPER ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/15 00:13
「悪夢の週末」から13年…
5月初旬は私にとって結構辛い時期になります。そのひとつが今日なんですが、伝説的F1パイロット、アイルトン・セナの命日に当たります。私にとってセナはアイドルの一人です。 とにかく1994年のこの週末はまさに悪夢でした。場所はイタリアのイモラ。まず、4月29日にバリチェッロが大クラッシュ。幸いにも命に別状はなく、レース欠場だけで済んだ。しかし、これは悪夢への序章に過ぎませんでした。翌30日午後1時18分、F1デビューしたてのラッツェンバーガーが大クラッシュ。医療班が急行し、病院へ搬送されたが、午後... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/01 22:41
ルイス・ハミルトンは伝説のドライバーになりうる逸材だ
2晩遅れになりましたが、今晩こそF1のスーパールーキー、ルイス・ハミルトンのことについて書きます。 今季F1デビューを飾ったハミルトン、史上初の黒人F1パイロットでもあります。言うなればMLBでのジャッキー・ロビンソン、ゴルフでのタイガー・ウッズに相当するでしょうか。彼はマクラーレンの代表、ロン・デニスの秘蔵っ子としてデビューの機会をうかがっていました。昨年、F1よりひとつ下のカテゴリー、GP2でチャンピオンになり、今季F1デビューを果たしたわけです。 彼はF1デビューして3戦走りましたが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/04/20 01:31
フェラーリ、マクラーレン、BMWの3強時代か
今年のF1はフェラーリ、マクラーレン、BMWザウバーの3強の様相を呈しています。フェラーリはキミ・ライコネンとフェリペ・マッサ。ライコネンはマクラーレン時代に速さの実証を示しており、ポストシューミーとしての役割を何とか果たしています。マッサは昨年勝った事によって自信を得たようです。この自信を保ち続けることができれば面白い存在になりそうです。 BMWザウバーはフェラーリ、マクラーレンには若干劣る感じがしますが、ニック・ハイドフェルド、ロバート・クビサともに上位に何かあったら表彰台、あるいは優勝の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/04/16 01:44
思い入れのある日その3
今日は我が敬愛のF1パイロット、アイルトン・セナとコミックマーケット準備会前代表米澤嘉博の誕生日です。共に一度もお目にかかる事なく亡くなられましたが、私の中では共に偉大な人です。 セナを初めて知ったのは1986年の夏です。翌年にF1デビューをした中嶋悟のパートナーとして認識しました。87年はロータスが開発したアクティブサスペンションに振り回されてあまり活躍できなかったのですが、モナコとデトロイトで優勝し、ドライバーとしての能力の高さを示しました。その後、88、90、91年の三度ワールドチャンピ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/21 20:28
F1開幕!
今年のF1がいよいよ開幕しました。去年との大きな違いはタイヤがブリヂストンワンメイクになったこと、ミハエル・シューマッハがいないこと、そして王者アロンソとライコネンが移籍したことでしょうか。どんなシーズンになるか非常に楽しみです。 一昨日、フリー走行で中嶋一貴がテストドライバーとしてですがウィリアムズ・トヨタからF1デビューを果たしました。ウェットコンディションの中、なんと6番手につけました。一貴は日本人初のフルタイムF1ドライバー、中嶋悟氏の子です。この調子でテストドライバーとしての実績を残... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/18 00:39
シューマッハは見事な走りで自らのキャリアに終止符を打った
F1ブラジルグランプリは3人のウィナーがいる。私はそう思います。 1人目は優勝したフェリペ・マッサ。見事な走りでポールトゥウィンを決めました。今年あげた2勝、3度のポールは彼にとって大きな自信になったのではないでしょうか。来シーズンからはキミ・ライコネンと組みますが、ライコネンに負けない走りをするのではないか、と期待してしまいます。 2人目はワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソ。1ポイントをとればチャンピオン決定という状況下で見事な戦略で2位に入賞。来シーズンはマクラーレンに移籍しま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/24 01:25
王手をかけたアロンソ、追い込まれたシューマッハ
F1決勝、今年もドラマがありました。シューマッハがリタイヤし、アロンソが逆転で優勝。これでアロンソの連覇が濃厚になりました。シューマッハが逆転で花道を飾るには自身が優勝してアロンソがノーポイントのみ。最終戦サンパウロはシューマッハ時代開幕をつげた地。そこでシューマッハ時代の終焉を迎える、というのもドラマですね。結果はどうなろうとも。 コンストラクターズのほうもルノーが優位に立っています。こちらはドライバーズと違って濃厚とまではいっていません。さて、どんな結末を迎えるのか、楽しみです。 セカン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/08 21:35
予選タイムに見るF1マシンの進歩のすごさ
F1日本グランプリの予選が昨日行われ、フロントローがフェラーリ、セカンドローがトヨタ、サードローがルノー、フォースローがホンダと、ものの見事にチーム別に列順が分かれた。ポールシッターとなったのはフェリペ・マッサ。シューミーを抑えてのポールは見事としかいえない。シューミーが謙遜でフェリペのタイムを上回る事は不可能だった、と言っていたが、それを考えても素晴らしいラップだった。ダブルタイトル奪還を目指すチームにとっても非常によい予選となった。 セカンドローにつけたトヨタ。今季最高グリッドについたわけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/08 01:09
F1日本グランプリ明日開幕
F1サーカスが鈴鹿にやってきました。日本グランプリ、見に行きませんが非常に楽しみです。 去年はキミ・ライコネンがもの凄い走りで優勝しました。今年はここまでミハエル・シューマッハとフェルナンド・アロンソが同ポイント、ルノーとフェラーリが1ポイント差と大接戦を演じています。今年の鈴鹿は見所満載です。今年限りでの引退を表明したシューマッハ日本での最後の走り、これまた今年限りでF1から去るミシュランとF1に残るブリヂストンの対決。そして、鈴鹿でのF1はとりあえず今年限りなので、各チーム、各ドライバーが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/05 22:35
ついにこの時が…
フェラーリのミハエル・シューマッハが引退を表明しました。1991年のベルギーグランプリでジョーダンから鮮烈なデビューを飾り、1994年サンマリノグランプリでセナを失ってから今まで13年間ずっとトップを走ってきました。チャンピオン回数、優勝回数、ファステストラップ回数はもちろん、不滅と思われたセナの持つポールポジション回数まで塗り替えたまさに生きる伝説のドライバーです。 彼のすごいところは追い越すべき先達を突然失ってもライバルが不在でもモチベーションを失わなかった事です。普通であればモチベーショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 01:15

トップへ | みんなの「F1」ブログ

PNKwithoutIをフォローしましょう
PNK LIFE F1のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる